超異分野学会 北海道フォーラム2021

大会テーマ
集まる、つながる、語り合う ~未来への共創 北海道~
日 時
2021年12月4日
場 所
札幌市内

超異分野学会とは

近年、指数関数的に科学論文の数が増加しているのに対し、私たちが利用可能な知識の増加速度は到底およんでいません。2002年、このギャップを埋めるために、リバネスが考え抜いた末に行き着いた概念が「超異分野」です。以来、私たちは社会が利用できる知識へとサイエンスをブリッジするサイエンスブリッジコミュケーターとして、科学者、エンジニア、ビジネスパーソン、町工場の匠、医師、農業者、教育者など、多様な異分野のスペシャリストどうしを結びつけてきました。この「超異分野」ネットワークは、指数関数的に人類の知識を増加させる鍵となるはずだと私たちは考えています。超異分野学会は、その仮説を検証し、新たな一歩を踏み出すための場です。

超異分野学会 北海道フォーラム2021について

豊かな自然を有する北海道は、一つの自治体内に多数の大学や研究機関を有する、国内でも類のない”知の集積地”です。この恵まれたポテンシャルを生かし、スタートアップ創出、アントレプレナー育成、地域づくりの取り組みが各地域で急速に立ち上がっています。
本フォーラムでは、これらの取り組みを加速させ、新しい北海道の創生に向けて、世代・地域・属性をまたいだ北海道ならではの超異分野連携イノベーションエコシステムの構築を目指します。

日程 2021年12月4日(土)
場所 札幌市内
主催 株式会社リバネスチャレンジフィールド北海道 (予定)

<関連キーワード>
農林水産業、ものづくり産業、サスティナブル、スマート化、再生可能エネルギー、脱炭素、宇宙、健康、バイオ、医療など

<参加対象者>
アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生 etc

参加申込み

超異分野学会では、アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生など多くの皆さまの来場をお待ちしております。なお、新型コロナウイルス感染症対策のため、当日の座席数に上限を設けております。

研究発表演題・事業紹介ブース 登録【締切 2021年11月4日18時まで】

研究発表をご希望の方(ポスター発表)や事業紹介ブース出展はこちらからお申し込みください。希望者が超過する場合は、希望者から選定し、一部のみの参加とさせて頂きます。北海道フォーラムでは、中高生による研究発表も積極的に募集しています。

登録締切 2021年11月4日 6:00PM

中高生向け 研究サポートプログラム

道内から世界で活躍するとともに地域へと貢献する次世代の研究者の育成を目指し、道内中高生を対象にした、約3ヶ月間の研究サポートプログラムを実施します。道内の大学生・大学院生等の若手研究者を中心とした研究経験をもつ研究コーチが参加チームごとに1名付き、面談やメール等を通じてサポートを行います。研究のまとめ方やプレゼンテーションの指導の他、活動を発展させていくためのディスカッションを行います。

募集対象:研究活動やものづくりに挑戦している道内の中高生チームを広く募集します。
[以下のような要望のあるチームはぜひご参加ください]
研究のデータの取り方、発表へのまとめ方などのアドバイスが欲しい
研究・活動の発展のための相談をしたい、連携先を探したい研究
募集チーム数:
最大3チーム(3チームを超える数の応募があった場合は選考となります)
サポート内容:
・研究コーチによる、オンライン面談、メール等を通じてのアドバイス
・北海道フォーラム参加のための旅費(上限あり)
応募条件:
・研究コーチとのオンライン面談に参加できること
・12/4の北海道フォーラム(札幌)での口頭発表・ポスター発表に参加できること
申込締切:
2021年9月15日(水)24:00 (締切延長中)

<サポートプログラムスケジュール>

サポートプログラムスケジュール

  • 12月4日

12月4日(土)10:00 – 19:00

メイン会場 サブ会場 ポスター・ブース会場
10:00 開会式
研究者・ベンチャーによるショートピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
11:00 ポスター・ブース
コアタイム
(11:00-12:30)
12:00
13:00 基調講演  
14:00 セッション A-1
15:20 セッション A-2 セッション B-1
17:00 セッション A-3 セッション B-2
18:00 閉会式
18:30 交流会

 

  • チャレンジフィールド北海道

  • 株式会社フォーカスシステムズ