ホーム 超異分野学会とは

超異分野学会とは

超異分野であれ

近年、指数関数的に科学論文の数が増加しているのに対し、そこから生まれた我々が利用可能な知識の増加速度は到底およんでいません。
2002年、このギャップを埋めるために、我々リバネスが考え抜いた末に行き着いた概念が「超異分野」です。以来、我々は社会が利用できる知識へとサイエンスをブリッジするサイエンスブリッジコミュケーターとして、科学者、エンジニア、ビジネスパーソン、町工場の匠、医師、農業者、教育者など、多様な異分野のスペシャリストどうしを結びつけてきました。この「超異分野」ネットワークは、指数関数的に人類の知識を増加させる鍵となるはずだと我々は考えています。超異分野学会は、その仮説を検証し、新たな一歩を踏み出すための場です。

Be Hyper-Interdisciplinary

In this decade, the number of scientific publications were increased in exponential manner. However, the body of knowledge we human being can grasp did not increase as so. To fill this gap, we create the concept “Hyper Interdisciplinary” in 2002. Since then, we Leave a Nest act as Science Bridge Communicator to connect various specialists; such as scientists, engineers, business person, maestro from factory, medical doctor, farmer, educator and etc. We hypothesize that “Hyper Interdisciplinary” network of specialists is the key to make the body of human knowledge be exponential, too. This is where amazing happens.