超異分野学会2024 大阪・関西大会
2024.08.31 [SAT]

超異分野学会2024 大阪・関西大会

研究エコシステムの再構築 ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC
ABOUT
超異分野学会とは
研究者、大企業、町工場、ベンチャーといった分野や業種の違いにとらわれずに、議論を通じて互いの持っている知識や技術を融合させ、人類が向き合うべき新たな研究テーマや課題を捉え、共に研究を推進するための場です。

ゼロからイチを生み出す研究はそもそも“おもろい”ものです。しかし、現在日本の研究界隈から聞こえてくるのは暗い話ばかり。時代の変遷の中で予算やポスト、重点テーマ、評価制度、研究者育成など、今の研究の進め方がうまく機能しなくなっているのかもしれません。一方で、東南アジア各国が発展し、現地の研究者たちは学民問わず対等な研究パートナーとなりました。日本や欧米、中国だけでなく、東南アジアにも研究のフィールドは広がってきています。世界の状況が変わってきた今こそ、研究者としての原点に立ち戻り、アカデミア、企業研究所、さらに研究成果の社会への橋渡しまで含めた研究エコシステムの再構築にむけた議論をスタートしましょう。
日程
2024年8月31日(土)09:30~18:30
場所
ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC
大阪府大阪市北区大深町3−1 グランフロント大阪タワーC 8階
ACCESS
主催
株式会社リバネス
参加費
企業、行政機関の方 5万円/名(税・手数料別)
大学等研究機関所属の研究者、学生、教育関係者、中高生 無料
参加対象者
アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生 etc

タイムテーブル

TIME メインホール セッションルームA セッションルームB ポスター・ブース会場
09:30 開会式
10:00 研究者・ベンチャー等によるショートピッチ 「超異分野スプラッシュ」
11:00 ポスター&ブース コアタイム
12:30 お昼休憩 12:45〜13:15 知識製造イグニッション ワークショップ
13:30 基調講演 「新しい研究を起こすー素人発想、玄人実行でおもろい研究をやりつづけよう」
13:50 移動
14:00 腸内デザイン®は食以外でも実現できるのか!? セッション a1 セッション b1
14:50 移動・休憩
15:10 セッション m2 セッション a2 セッション b2
16:00 移動・休憩
16:20 セッション m3 セッション a3 セッション b3
17:10 移動・休憩
17:20 知識製造イグニッション 共創ピッチ
17:50 休憩・交流タイム
18:10 表彰式・閉会式(〜18:30)
REGISTRATION

聴講チケット

超異分野学会では、アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生など多くの皆さまの来場をお待ちしております。

大学等研究機関所属の研究者、
学生、教育関係者、中高生

無料
※ポスター発表・ブース出展の代表者の方は、聴講チケットの取得は不要です。共同研究者や同伴者の方は聴講チケットをお求めください。

企業、行政機関の方

(クレジット払い)56,980円/1名(税・決済手数料込)
(請求書払い)      55,000円/1名(税込)

【有料聴講のチケットキャンセルポリシー及び請求に関するご案内】
・お客様都合によるお申込み後のキャンセルはお受けしておりません。当日ご来場いただけなかった場合でも請求取消となりませんので、予めご了承ください。
・お支払い期日は原則2024年8月23日(金)となります。(お申し込みのタイミングにより期限までにお支払いが間に合わない場合は、事務局宛にメールでご連絡ください。【お問い合わせ先:[email protected]】)
・主催者判断により超異分野学会大阪・関西大会2024が中止となった場合には、請求取消となります。

聴講チケット申込はこちら
PROGRAM

スピーカー

  • 石尾 淳一郎
    石尾 淳一郎
    • 株式会社リバネス 研究開発事業部
  • 伊藤 崇志
    伊藤 崇志
    • 福井県立大学 教授
    薬学博士。大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程修了。現在、福井県立大学生物資源学部にて福井県特産農海産物の健康機能に関する教育・研究に従事。学生時代よりタウリンの生体保護作用に関わる分子メカニズムの研究を専門とし、特に現在はタウリンによる抗老化作用について研究を進めている。2014年に国際タウリン研究会を設立し、国内の研究者と連携してタウリン研究の推進をはかっている。
  • 井上 浄
    井上 浄
    • 株式会社リバネス 代表取締役社長CCO
    博士(薬学)、薬剤師。2002年、大学院在学中にリバネスを設立。博士過程を修了後、北里大学理学部助教および講師、京都大学大学院医学研究科助教、慶應義塾大学特任准教授を経て、2018 年より熊本大学薬学部先端薬学教授、慶應義塾大学薬学部客員教授に就任・兼務。研究開発を行いながら、大学・研究機関との共同研究事業の立ち上げや研究所設立の支援等に携わる研究者であり経営者。多くのベンチャー企業の立ち上げにも携わり顧問を務める。
  • 大坂 吉伸
    大坂 吉伸
    • 株式会社リバネス 国家政策研究センター センター長
  • 金出 武雄
    金出 武雄
    • カーネギーメロン大学 創始者記念全学教授
    • 京都大学 高等研究院招聘特別教授
    1973 年京都大学工学博士、京都大学工学部助手・助教授の後、1980 年米国カーネギーメロン大学に移る。ロボット研究所所長など歴任。
    コンピュータビジョンと知能ロボット工学研究者として、特に、世界で最初のコンピュータによる人の顔画像認識や顔の検出技術の開発、1995 年アメリカ東部から西海岸まで 98%をコンピュータビジョンによる自動運転で走破、今日ほとんどの動画像処理に用いられる Lucas-Kanade 法と呼ばれるアルゴリズムの発明、第 35 回スーパーボウルでの 30 台以上のロボットカメラで 360 度視野の映像を撮影する「アイビジョン」に代表される多数カメラ画像技術など、今日日常使われる多くの技術の開発で知られる。
    京都賞、米国フランクリン財団メダル・バウアー賞、IEEE 創始者記念メダル、米国知能学会アレン・ニューウェル賞、アルメニア国家賞 Global IT 賞、立石特別賞など受賞。
    アメリカ工学アカデミー特別会員、 文化功労者、 日本学士院会員。
  • 重永 美由希
    重永 美由希
    • 株式会社リバネス 人材開発事業部
  • 篠澤 裕介
    篠澤 裕介
    • 株式会社リバネス 執行役員
    東京大学大学院農学生命科学研究科修了(農学修士)。2008年PR会社を経て2009年よりリバネスに入社。同年、リバネスとして初の海外事業となる大学院生向けシリコンバレー研修を立ち上げる。2012年よりメディア開発事業を立ち上げ、2013年より、シードアクセラレーション事業「TECH PLANTER」を立ち上げる。2018年より、創業開発事業部長。起業でなく「創業」をテーマに活動を開始。2019年より、プロジェクト・イッカクを開始。2021年より執行役員。
  • 髙橋 修一郎
    髙橋 修一郎
    • 株式会社リバネス 代表取締役社長COO
    東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了、博士(生命科学)。リバネスの設立メンバー。リバネスの研究所を立ち上げ、研究支援・研究開発事業の基盤を構築した。これまでに「リバネス研究費」や未活用研究アイデアのプラットフォーム「L-RAD」など、独自のビジネスモデルを考案し、産業界・アカデミア・教育界を巻き込んだ事業を数多く主導している。2010年より代表取締役社長COO。
  • 仲木 竜
    仲木 竜
    • 株式会社Rhelixa(レリクサ) 代表取締役 CEO / CTO
    計算生物学者(工学博士)。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。 次世代シーケンサーより得られる全ゲノム・エピゲノムデータを解析するための計算アルゴリズムの開発・応用を専門とする。特に、塩基配列のパターン認識解析においては多数の実績があり、複数の計算アルゴリズムを発表している。2015年2月に株式会社Rhelixaを設立。2022年度日本抗加齢医学会第16回定時社員総会にて、これまでの抗加齢医学に関連する功績が認められ、日本抗加齢医学会評議員に選任。
  • 長谷川 和宏
    長谷川 和宏
    • 株式会社リバネス 執行役員CHO
    東京都立大学大学院工学研究科修士課程修了、修士(工学)。修士1年よりリバネスに参加し、その後リバネス初の新入社員として入社。人材開発事業部を立ち上げ、2012年より執行役員に就任。TECHPLANTER事業やリアルテックファンドの立ち上げ、スタートアップと町工場の連携事例構築、インキュベーション施設「センターオブガレージ」の開設や中堅中小企業の新規事業創出支援などを主導。
  • 福田 真嗣
    福田 真嗣
    • 株式会社メタジェン 代表取締役社長 CEO
    2006年、明治大学大学院農学研究科博士課程修了。博士(農学)。理化学研究所基礎科学特別研究員などを経て、2012年より慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授、2019年より同特任教授、2021年より(一社)腸内デザイン学会代表理事、2022年より順天堂大学大学院医学研究科特任教授を兼任。2015年、ビジネスプラン「便から生み出す健康社会」でバイオサイエンスグランプリにて最優秀賞を受賞し、株式会社メタジェンを設立。代表取締役社長CEOに就任。専門は腸内デザイン学。
  • 丸 幸弘
    丸 幸弘
    • 株式会社リバネス 代表取締役 グループCEO
    東京大学大学院農学生命科学研究科 博士課程修了、博士(農学)。2002年大学院在学中に理工系大学生・大学院生のみでリバネスを設立。日本初「科学出前実験教室」をビジネス化。異分野の技術や知識を組み合わせて新たな事業を創る「知識製造業」を営む。アジア最大級のディープテックベンチャーエコシステムの仕掛け人として、世界各地のディープイシューを発掘し、地球規模の課題解決に取り組む。ユーグレナをはじめとする多数のベンチャーの立上げにも携わる。

スケジュール

TIME THEME SPEAKER
09:30 メインホール

開会式

10:00 研究者・ベンチャー等によるショートピッチ 「超異分野スプラッシュ」 メインホール

研究者・ベンチャー等によるショートピッチ 「超異分野スプラッシュ」

「(水などが)跳ねる・飛び散る、ザブンと落ちる」というスプラッシュ(splash)の意味にちなんだ超異分野スプラッシュは、研究者やベンチャーらが、90秒のピッチで、自分のやりたいこと、参加者に求めていることを会場の参加者にぶつける場です。次々と登場する研究者らの知識と熱を浴びながら、熱を持った発表者を見つけ、またそのピッチをヒントに新たなアイデアを発想することを狙いとしています。その後、ポスター発表でさらに深い議論へと発展させ、新たな共同研究の創出につなげていくことを目指します。 登壇者一覧
11:00 ポスター・ブース会場

ポスター&ブース コアタイム

ポスター・ブース演題一覧
12:30 メインホール

お昼休憩

セッションルームB

12:45〜13:15 知識製造イグニッション ワークショップ

13:30 基調講演
「新しい研究を起こすー素人発想、玄人実行でおもろい研究をやりつづけよう」 メインホール

基調講演 「新しい研究を起こすー素人発想、玄人実行でおもろい研究をやりつづけよう」

金出氏は、コンピュータビジョンと知能ロボット工学の第一人者であり、顔認識技術や自動運転など、今や日常のものとなりつつある革新的技術の数々を生み出してこられました。本講演では、課題解決をしながらあっと驚く成果を生み出してこられた金出氏の研究とともに、ご自身の経験の中で生み出された「素人発想、玄人実行」の考え方や、研究起業の概念について語っていただく予定です。 リリースページ
  • 金出 武雄 (カーネギーメロン大学/京都大学)
13:50

移動

14:00 メインホール

腸内デザイン®は食以外でも実現できるのか!?

セッションパートナー:
株式会社メタジェン
腸内環境をよい状態にすることは、便秘解消のみならず、食欲抑制、持久力の向上、ストレスなど、健康維持やビジネスパフォーマンスなどのあらゆるポイントに関わってくる。現在は乳酸菌や発酵食品、食物繊維等の「食べ物の摂取」により腸内環境を整えるアプローチが主流だが、それ以外の方法はないのだろうか?本セッションでは、温度や音楽といった食以外の物理的な介入等で、腸内デザイン®を実現する可能性について議論する。
  • 福田 真嗣 (株式会社メタジェン)

【モデレーター】

  • 井上 浄 (株式会社リバネス)
セッションルームA

セッション a1

セッションルームB

セッション b1

14:50

移動・休憩

15:10 メインホール

セッション m2

セッションルームA

セッション a2

セッションルームB

セッション b2

16:00

移動・休憩

16:20 メインホール

セッション m3

セッションルームA

セッション a3

セッションルームB

セッション b3

17:10

移動・休憩

17:20 メインホール

知識製造イグニッション 共創ピッチ

17:50 メインホール

休憩・交流タイム

18:10 メインホール

表彰式・閉会式(〜18:30)

PARTNERS
  • UntroD Capital Japan株式会社
  • 潮だまり財団
  • 住友ゴム工業株式会社
  • 大正製薬株式会社
  • 株式会社フォーカスシステムズ
  • 株式会社メタジェン
  • モバイル・インターネットキャピタル株式会社
  • 株式会社レリクサ
INFORMATION

全参加者向けご案内

VIEW MORE
聴講チケット申込はこちら
    jaJapanese