超異分野学会 東京大会2023

大会テーマ
知の航路を拓く
日 時
2023年3月3日(金)・4日(土)
場 所
九段会館テラスコンファレンス&バンケットアクセス

超異分野学会 東京大会2023について

超異分野学会とは
研究者、大企業、町工場、ベンチャーといった分野や業種の違いにとらわれずに、議論を通じて互いの持っている知識や技術を融合させ、人類が向き合うべき新たな研究テーマや課題を捉え、共に研究を推進するための場です。

超異分野学会東京大会では、「知の航路を拓く」を大会テーマに掲げ、2日間、18のセッションを通じて、新たな研究テーマとプロジェクトの創出に向けた議論を行います。それぞれが持ち寄った知識と知識を衝突させ、組み合わせることで、山積する世界の課題を一つでも解決に導き、新しい時代・価値観の基盤となるようなアイデアがこの場から生まれることを目指します。

日程 2023年3月3日(金)・4日(土)
場所 九段会館テラスコンファレンス&バンケット
>>会場アクセス

■ 参加費
アカデミアの研究者・学生は無料、企業参加費10万円(税別、手数料別)

■ 参加対象者
アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生 etc

プログラム情報 Day1 3月3日(金)

プログラム情報 Day2 3月4日(土)

研究発表・事業紹介ブース 登録【締切 2022年12月26日(月) 18時まで】

研究発表をご希望の方(ポスター発表)や事業紹介ブース出展はこちらからお申し込みください。希望者が超過する場合は、希望者から選定し、一部のみの参加とさせて頂きます。

<<<ご注意ください>>>登録には本人のIDが必要です。

やむをえず代理登録をご希望の方は別途お問合せください。メール:[email protected]

発表資格 大学等研究機関所属の研究者・学生
教育関係者、中高生
過去のTECH PLANTERエントリーチームの方

※上記以外の企業・行政機関の方でポスター発表・ブース出展をご希望の場合は、別途費用が発生いたします。事務局までお問い合わせください。
発表区分 (1)研究発表(ポスター発表)
上記発表資格に該当する方のうち、研究発表をご希望の方は「ポスター発表」を選択ください。

(2)事業紹介(ブース出展)

上記発表資格に該当する方のうち、事業紹介をご希望の方は「ブース出展」を選択ください。
備考 ポスター発表者およびブース出展者のうち希望者は、3月3日・4日両日の10:00-11:00に開催するプログラム「テクノロジースプラッシュ」*で発表することができます。テクノロジースプラッシュでの発表を希望される方は、演題登録フォーム内の設問で「希望する」を選択ください。
なお、希望者多数の場合は事務局にて選定し、一部のみの参加とさせていただきます。
*テクノロジースプラッシュは、研究者やベンチャーらが分野や所属の垣根を超えて参加者へ発信する「ショートピッチ」です。

聴講チケット

  • 大学等研究機関所属の研究者、学生
無料
※ポスター発表・ブース出展の代表者の方は、聴講チケットの取得は不要です。共同研究者や同伴者の方は聴講チケットをお求めください。
  • 教育関係者、中高生
  • 過去のTECH PLANTERエントリーチームの方
  • 企業、行政機関の方
 

113,960円/1名・2日間(税・決済手数料込)

【有料聴講チケット(クレジット払い) キャンセルポリシー】
・所属企業・行政機関の決定により、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う移動規制、イベント参加規制等のため参加できない場合は、手数料を差し引いた金額(106,040円)を返金いたします。2022年3月2日(木)までに超異分野学会 東京大会2023事務局([email protected])までキャンセル・返金をお申し出ください。
・それ以外の理由でのキャンセルおよび返金はお受けしておりません。予めご了承ください。
・また、主催者判断により超異分野学会東京大会2023が中止となった場合には、キャンセル・返金のお申し出の有無に関わらず、手数料を差し引いた金額(106,040円)を返金させていただきます。

【有料聴講チケット(請求書払い) キャンセルポリシー】
・請求書払いをお申し込みの場合は、申込日から5営業日以内にリバネスより請求書を発行いたします。
・所属企業・行政機関の決定により、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う移動規制、イベント参加規制等のため参加できない場合は、2023年3月2日(木)までに超異分野学会 東京大会2023事務局([email protected])までキャンセルをお申し出ください。
・お支払い期限は2023年3月31日となります。
・それ以外の理由でのキャンセル、および学会当日のキャンセルはお受けしておりません。予めご了承ください。
・また、主催者判断により超異分野学会東京大会2023が中止となった場合には、キャンセルのお申し出の有無に関わらず、請求取消となります。

超異分野学会では、アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生など多くの皆さまの来場をお待ちしております。なお、新型コロナウイルス感染症対策のため、当日の座席数に上限を設けております。

  • 3月3日
  • 3月4日

3月3日(金)9:30 - 18:30

メインルーム セッションルームA セッションルームB ポスター・ブース会場
9:30 開会式
10:00 研究者・ベンチャーによるショートピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
11:00 ポスター&ブース
コアタイム
12:00 特別企画      
13:00 お昼休憩 お昼休憩 お昼休憩 アワー
13:30 基調講演① アワー
13:50 移動 移動 移動
14:00 セッション m1

五感と感性の交わる場

セッション a1

植物と水の関係を科学する

セッション b1
14:50 移動・休憩 移動・休憩 移動・休憩
15:10 セッション m2

研究開発プロジェクト成功の鍵を紐解く

セッション a2 セッション b2
16:00 移動・休憩 移動・休憩 移動・休憩
16:20 セッション m3 セッション a3 セッション b3
17:10 クロージング
17:30 情報交換

 

10:00-11:00
  • メインルーム
研究者・ベンチャーによる超異分野ピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
「(水などが)跳ねる・飛び散る、ザブンと落ちる」というスプラッシュ(splash)の意味にちなんだテクノロジースプラッシュは、研究者やベンチャーらが、2分間のピッチで、自分のやりたいこと、参加者に求めていることを会場の参加者にぶつける場です。次々と登場する研究者の知識と熱を浴びながら、熱を持った研究者を見つけ、またそのピッチをヒントに新たなアイデアを発想することを狙いとしています。その後、ポスター発表でさらに深い議論へと発展、新たな共同研究の創出につなげていくことを目指します。
11:00-12:30
  • ポスター・ブース会場
ポスター・ブース コアタイム
ポスター発表(研究発表)ならびにブース展示(事業紹介)から多くの新しいアイデアや知識を生み、研究や事業をさらに加速させていきましょう。
13:30-13:50
  • メインルーム
基調講演
リバネスアワード2023受賞者による基調講演を「先端研究推進部門」と「社会実装部門」の2部門で実施。過去のリバネス研究費採択者を中心に、「科学技術の発展と地球貢献を実現する」ために、情熱を燃やして独創性な研究を遂行し、自身の枠を大きく広げながら、今まさに躍進する研究者を表彰します。
14:00-14:50
  • メインルーム
五感と感性の交わる場

セッションパートナー:DIC株式会社

人は視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚といった感覚器によって周囲の状況を感知しますが、現代社会において、外敵の把握や食料の発見、安全性の確認といった生きるための感覚受容はもはや必要性が低くなっています。一方で、「価値感の共有」すなわち共感や感動に重きが置かれる時代にシフトしつつあります。今後、豊かな生活を実現する上で重要な要素となるであろう価値観を共有するためのテクノロジーと、その活用について議論します。
15:10-16:00
  • メインルーム
研究開発プロジェクト成功の鍵を紐解く

セッションパートナー:株式会社フォーカスシステムズ

研究開発プロジェクトの成功・失敗については定量的評価が難しく、マネジメントは容易ではありません。本セッションでは、企業の財務諸表を用いた定量的指標および組織内部の文化といった定性的指標を含めた評価の実践を事例とし、研究開発プロジェクトの成功のための評価系の構築と組織での取り組みの具体化について議論します。
14:00-14:50
  • セッションルームA
植物と水の関係を科学する

セッションパートナー:株式会社プランテックス

植物が生育する上で水は欠かせない要素の一つです。特に、水耕が主流である植物工場栽培では、肥料成分を水に溶け込ませて与えるため植物の生育を左右します。また長期間栽培することによる水質の変化が、植物に悪影響を及ぼすことがわかっています。本セッションは、水に関する研究者と共に植物の可能性を引き出すアプローチについて議論します。

3月4日(土)9:50 - 18:30

メインルーム セッションルームA セッションルームB ポスター・ブース会場
9:50 開会挨拶
10:00 研究者・ベンチャーによるショートピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
11:00 ポスター&ブース
コアタイム
12:30 お昼休憩 お昼休憩 お昼休憩 アワー
13:30 基調講演② アワー
13:50 移動 移動 移動
14:00 セッション m4 セッション a4 セッション b4

中堅企業がつなぐAIスタートアップと大手建設会社

14:50 移動・休憩 移動・休憩 移動・休憩
15:10 セッション m5 セッション a5 セッション b5
16:00 移動・休憩 移動・休憩 移動・休憩
16:20 セッション

m6Knowledge Manufacturing Ignition(ナレッジ・マニュファクチャリング・イグニッション)

セッション a6 セッション b6
17:10 移動・休憩 移動・休憩 移動・休憩
17:30 表彰式・閉会式
18:30 閉会

 

10:00-11:00
  • メインルーム
研究者・ベンチャーによる超異分野ピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
「(水などが)跳ねる・飛び散る、ザブンと落ちる」というスプラッシュ(splash)の意味にちなんだテクノロジースプラッシュは、研究者やベンチャーらが、2分間のピッチで、自分のやりたいこと、参加者に求めていることを会場の参加者にぶつける場です。次々と登場する研究者の知識と熱を浴びながら、熱を持った研究者を見つけ、またそのピッチをヒントに新たなアイデアを発想することを狙いとしています。その後、ポスター発表でさらに深い議論へと発展、新たな共同研究の創出につなげていくことを目指します。
11:00-12:30
  • ポスター・ブース会場
ポスター・ブース コアタイム
ポスター発表(研究発表)ならびにブース展示(事業紹介)から多くの新しいアイデアや知識を生み、研究や事業をさらに加速させていきましょう。
16:20-17:10
  • メインルーム
Knowledge Manufacturing Ignition(ナレッジ・マニュファクチャリング・イグニッション)

セッションパートナー:株式会社フォーカスシステムズ
powered by:知識創業研究センター(I2K)

「テクノロジー・スプラッシュ」や「ポスター&ブース コアタイム」の時間を活用して、異分野の研究者やベンチャー、企業のコラボレーションを促すための新たな仕掛けです。
2日間を通じて、参加者同士のディスカッションから生み出された連携仮説を募集します。エントリーのあった連携仮説についてパートナーが審議し、受賞テーマを選出(副賞10万円)し、セッション内で発表します。副賞は連携仮説を深めるための準備金として活用いただきます。
14:00-14:50
  • セッションルームB
中堅企業がつなぐAIスタートアップと大手建設会社

セッションパートナー:ソーラーテック株式会社

2022年3月、株式会社安藤ハザマがリバネス・ヒューマノーム研究所・ソーラーテック株式会社とともに開発した​​​​AIを活用した構造設計支援システムのリリースは建設業界にインパクトを与える結果となった。大手企業とスタートアップの連携に対し、中堅企業であるソーラーテックがハブとなり事業を推進するこのモデルの魅力と特徴の議論を通じ、中堅企業が担える新たな役割と、そこから生まれるオープンイノベーションの新たなモデルについて議論する。
  • アサヒ飲料株式会社

  • ソーラーテック株式会社

  • DIC株式会社

  • 東洋紡株式会社

  • 株式会社バイオインパクト

  • 株式会社フォーカスシステムズ

  • 株式会社プランテックス

  • 株式会社ユーグレナ