超異分野学会 益田フォーラム2020

大会テーマ
次世代とともに創る益田の未来〜医食農連携で地域を盛り上げる〜
日時
2020年11月3日(火・祝)13:00〜18:30
場所
島根県芸術文化センター グラントワアクセス

超異分野学会では、研究の価値を広報し、研究費を集める機会を提供します

ー フォーラム概要 ー

島根県益田市は、萩・石見空港から車で10分ほどの場所に位置するものの、人口減少、少子高齢化、農業の担い手不足、山林の荒廃などが著しく、日本創生会議では消滅可能性都市の1つとして挙げられています。リバネスでは、2018年より益田市の方々と協働して、これらの地域課題を解決すべく、県内外の研究者の知識・技術と地元資源を掛け合わせた、独自性の高いプロジェクトを創出しています。2020年のフォーラムでは、これまで進めてきた「ヘルステックモール実証研究」「放棄林地における放牧畜産」「未利用資源を活用したアグリビジネス」に加え、「ドローンを活用した海ごみ漂着診断」の4つのプロジェクトを軸に新たな仲間を集め、研究開発の加速と持続可能な地域分散型都市の構築を目指します。

〈参加対象者〉
農林水産・バイオヘルスケア・ロボット技術・ロジスティクス関連の研究者、ベンチャー、県内外の企業、地元の生産者・中高生等

〈企画キーワード〉
健康寿命の延伸、ヘルスケア、牧草畜産、スマート農業、資源活用、海ごみ、亜熱帯植物、共生型産業 etc

【演題登録締切】10月23日(金)24:00

聴講参加申し込みは直前まで受付けております。
宿泊・交通には限りがありますので、余裕を持ってご手配ください。
ご不明点はお気軽にご相談ください。

2020年11月3日(火) 13:00 – 18:30

13:00〜13:10

開会挨拶

03:10〜13:30

基調講演


松本 亨(まつもと とおる)氏

株式会社ドローンクリエイト 代表取締役社長

鳥取県境港市出身。1967年生まれ。1989年 株式会社益田ドライビングスクール(現 株式会社コガワ計画)に参画。取締役最高執行責任者、取締役社長、代表取締役会長を歴任後、2018年、益田興産株式会社、株式会社コガワ計画の共同出資により設立した株式会社ドローンクリエイト、代表取締役社長として、地域貢献・成長を念頭に成長するドローン事業を展開。NPO法人益田市・町おこしの会 副理事長としても、様々なイベントを企画・開催 益田市の活性化に取り組む。

14:30〜15:30

<セッション2>
ドローンを活用した海ゴミ削減戦略

詳細はこちら


【オーガナイザー】


丸 幸弘(まる ゆきひろ)

株式会社リバネス 代表取締役 グループCEO

2002年、大学院在学中に理工系大学生・大学院生のみでリバネスを設立。日本初「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化。大学や地域に眠る技術や経営資源を組合せて新たな知識を生み出す「知識製造業」を営む。アジア最大級のベンチャーエコシステムの仕掛け人として、世界各地のディープテックを発掘し、地球規模の社会課題の解決に取り組む。ユーグレナを始めとする多数のディープテックベンチャーの立ち上げにも携わるイノベーター。


【パネリスト】


松本 亨(まつもと とおる)

株式会社ドローンクリエイト 代表取締役社長

鳥取県境港市出身。1989年 株式会社益田ドライビングスクール(現 株式会社コガワ計画)に参画。取締役最高執行責任者、取締役社長、代表取締役会長を歴任後、2018年、益田興産株式会社、株式会社コガワ計画の共同出資により設立した株式会社ドローンクリエイト、代表取締役社長として、地域貢献・成長を念頭に成長するドローン事業を展開。NPO法人益田市・町おこしの会 副理事長としても、様々なイベントを企画・開催 益田市の活性化に取り組む。



井上 翔介 (いのうえ しょうすけ) 氏
株式会社自律制御システム研究所 (ACSL)
事業推進ユニット ディレクター

2016年よりACSLに参画し、国家プロジェクト・主要顧客との製品開発プロジェクトに従事。以前はマッキンゼー・アンド・カンパニーにて、大手メーカーの業務改善や企業買収での価値算定に従事。東京大学航空宇宙工学専攻修士課程修了。


工藤 裕 (くどう ゆう)氏
株式会社天の技 代表取締役

通信系研究所で画像認識を利用した遠隔制御ロボットや光通信に関する研究、半導体製造装置企業にてレーザによる高速微細加工装置開発、及び宇宙ベンチャーにおいて月面探査ローバーの電装/カメラ/環境試験等に従事。その後、宇宙機器用コンポーネントや衛星画像の取得・解析技術の重要性を認識し、株式会社天の技を起業、現在に至る。