超異分野学会 東京大会2022

大会テーマ
知識の還流 -地球貢献の時代へ-
日 時
2022年3月4日(金)・5日(土)
場 所
TOC GOTANDA MESSE(TOC五反田メッセ)アクセス

超異分野学会とは

研究者、大企業、町工場、ベンチャーといった分野や業種の違いにとらわれずに、議論を通じて互いの持っている知識や技術を融合させ、人類が向き合うべき新たな研究テーマや課題を捉え、共に研究を推進するための場です。異分野・異業種の参加者により、これまでにない研究テーマの創出、課題解決のアプローチを建設的に議論し、垣根を超えて共に最先端の研究開発を仕掛け続けます。

超異分野学会の本質とは何か。そして今後どのようにアップデートすべきなのか。リバネスの歴代学会長3人が語り合いました。

歴代学会長 特別鼎談「超える。つながる。世界を変える。」はこちら

超異分野学会 東京大会2022について

地球という限られた環境の中で、我々は様々なものを循環させ、持続可能な状況を維持しながら、そして新たなものを生み出しながら暮らしていかなければなりません。この絶対的なチャレンジは、まさに閉じた環境中で最大限の熱量で化学反応を行う”還流”に通ずるものがあるのではないでしょうか。東京大会2022では”知識の還流”をテーマに地球貢献に資する新たな知識について持続可能な視点で議論します。

日程 2022年3月4日(金)・5日(土)
場所 TOC五反田メッセ(東京都品川区西五反田6-6-19 )

<参加対象者>
アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生 etc

聴講チケット

  • 企業、行政機関の方
113,960円/1名・2日間(税・決済手数料込)
  • 大学等研究機関所属の研究者、学生
無料
※ポスター発表・ブース出展の代表者の方は、聴講チケットの取得は不要です。共同研究者や同伴者の方は聴講チケットをお求めください。
  • 教育関係者、中高生
  • 過去のTECH PLANTERエントリーチームの方

超異分野学会では、アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生など多くの皆さまの来場をお待ちしております。なお、新型コロナウイルス感染症対策のため、当日の座席数に上限を設けております。

演題登録
【研究発表(ポスター発表)・事業紹介(ブース出展)】

登録締切 2021年12月26日 6:00PM

超異分野学会東京大会での研究発表ポスターや事業紹介ブースの登録は締め切りました。ご不明点のある方は、事務局までお問い合わせください。

発表資格 大学等研究機関所属の研究者・学生
教育関係者、中高生
過去のTECH PLANTERエントリーチームの方

※上記以外の企業・行政機関の方でポスター発表・ブース出展をご希望の場合は、別途費用が発生いたします。事務局までお問い合わせください。
発表区分 (1)研究発表(ポスター発表)
上記発表資格に該当する方のうち、研究発表をご希望の方は「ポスター発表」を選択ください。

(2)事業紹介(ブース出展)

上記発表資格に該当する方のうち、事業紹介をご希望の方は「ブース出展」を選択ください。
備考 ポスター発表者およびブース出展者のうち希望者は、3月4日・5日両日の10:00-11:00に開催するプログラム「テクノロジースプラッシュ」*で発表することができます。テクノロジースプラッシュでの発表を希望される方は、演題登録フォーム内の設問で「希望する」を選択ください。
なお、希望者多数の場合は事務局にて選定し、一部のみの参加とさせていただきます。
*テクノロジースプラッシュは、研究者やベンチャーらが分野や所属の垣根を超えて参加者へ発信する「ショートピッチ」です。

プログラム情報

  • 3月4日
  • 3月5日

3月4日(金)9:30 – 18:50

メインホール セッションルームA セッションルームB ポスター・ブース会場
9:30 開会式
10:00 研究者・ベンチャーによるショートピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
11:00 ポスター・ブース
コアタイム
12:00 昼休憩  
13:00 基調講演① 『役に立たない』といわれたオートファジー研究で新領域を拓く

基調講演② 生物をお手本にしながら生物を超える材料を作る”メタバイオ”

 
13:50 移動 移動 移動
14:00 セッション d1m1
topic: ものづくり
セッション d1a1
topic: 研究所革命
セッション d1b1
topic: 人はなぜ移動するのか
14:50 移動・休憩 移動・休憩 移動・休憩
15:20 セッション d1m2
リアルテックベンチャーのブーストに製造支援が不可欠な理由

セッション d1a2
topic: 地域大学から世界を変えるベンチャーの育て方
セッション d1b2
topic: ラボオートメーション
16:10 移動・休憩 移動・休憩 移動・休憩
16:40 セッション d1m3
topic: 海ごみ
セッション d1a3
topic: 発酵
セッション d1b3
topic: アグリ
17:30 移動 移動 移動
17:50 リバネス研究アワード2022
表彰式・受賞特別講演
18:50 交流会
19:30 終了

 

9:30-9:50
  • メインホール
開会式
10:00-11:00
  • メインホール
研究者・ベンチャーによる超異分野ピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
「(水などが)跳ねる・飛び散る、ザブンと落ちる」というスプラッシュ(splash)の意味にちなんだテクノロジースプラッシュは、研究者やベンチャーらが、90秒のピッチで、自分のやりたいこと、参加者に求めていることを会場の参加者にぶつける場です。次々と登場する研究者の知識と熱を浴びながら、熱を持った研究者を見つけ、またそのピッチをヒントに新たなアイデアを発想することを狙いとしています。その後、ポスター発表でさらに深い議論へと発展、新たな共同研究の創出につなげていくことを目指します。
11:00-12:00
  • ポスター・ブース会場
ポスター発表・ブース展示 コアタイム
超異分野のポスター発表(研究発表)ならびにブース展示(事業紹介)が集まります。この場から多くの新しいアイデアや知識を生み、研究や事業をさらに加速させていきましょう。
13:10-13:30
  • メインホール
基調講演1
『役に立たない』といわれたオートファジー研究で新領域を拓く
<講演概要>
残念なことに、いわゆる基礎研究は「社会の役に立たない」と位置付けられることも少なくない。変化の激しい昨今においては、いち早く事業化や産業利用できそうな研究が注目されやすい傾向があるのだろう。しかし、一見して役に立ちそうにない基礎研究は、新領域を切り拓き、新しい知識を生む源泉であり、基礎研究なくして科学技術の発展はありえない。今でこそ産業界も着目するオートファジー分野もそのような基礎研究から始まった研究分野である。純粋にオートファジー現象のメカニズムを明らかにしたい、その現象の生理的な意義を知りたいという強い好奇心が原点にある。「何の役に立つのか?」と問われながらも好奇心で基礎研究に向き合ってきた吉森氏の研究に対する考え方、科学を社会に還元する想いに触れることは、全ての研究者の道しるべになるに違いない。

“詳細情報”

吉森 保 氏

大阪大学 生命機能研究科 生命機能専攻 教授(兼任)医学系研究科 教授

 

大阪大学理学部生物学科卒業後、同大学医学研究科中退、私大助手、ドイツ留学を経て、1996年に大隅良典氏(2016年ノーベル生理学・医学賞受賞)の研究室に助教授として着任。共にオートファジー研究の黎明期から第一線で活躍する。国立遺伝学研究所教授、大阪大学微生物病研究所教授を経て現在に至る。2017年大阪大学栄誉教授。2019年紫綬褒章受賞、ほか受賞歴多数。2019年株式会社AutoPhagyGO 技術顧問。2020年一般社団法人日本オートファジーコンソーシアム 代表理事。

13:30-13:50
  • メインホール
基調講演2
生物をお手本にしながら生物を超える材料を作る“メタバイオ”
<講演概要>
生物は分子の特性を巧みに活かした自己組織化により、高度に制御されたモノづくりを実現している。人類がトップダウンで加工してつくるよりもエコであるばかりか、高機能で精緻なモノづくりである。本講演では、これら生物などに学び、そしてそれを人工材料でより高度に模倣し、様々な機能性材料を創出してきた”メタバイオ”について事例を交えて紹介いただく。人類が向き合う社会課題や産業課題において、その解決のヒントを生物など自然界に学ぶことは多い。さらにこれらお手本を起点に新たにデザインした機能性材料を社会に還元する取り組みは、分野を超えるからこそ実現できる好例ではないだろうか。自己組織化、バイオミメティクス研究の醍醐味だけでなく、その成果を事業へとつなげている事例を紹介いただくことで、柔軟に分野を超えて発想するきっかけとしたい。

“詳細情報”

藪 浩 氏

東北大学 材料科学高等研究所 デバイス・システム ジュニア主任研究者
東北大学 多元物質科学研究所 准教授

 

2004年北海道大学電子科学研究所助手、2007年東北大学多元物質科学研究所助教、2007年-2009年理化学研究所客員研究員(兼任)、2010年同准教授、2016年同材料科学高等研究所ジュニア主任研究者、現在に至る。自己組織化によるメタマテリアル研究、バイオミメティクス材料開発など、機能性材料研究に取り組む。2019年に研究成果の社会実装を目指してAZUL Energy株式会社を共同設立し、取締役 チーフサイエンティフィックオフィサー(CSO)就任。

15:20-16:10
  • メインホール
リアルテックベンチャーのブーストに製造支援が不可欠な理由

セッションパートナー:KOBASHI HOLDINGS株式会社

2021年、リアルテックファンドとKOBASHIの連携によって、リアルテックベンチャーの製造支援を行う「Manufacturing Booster」が始動しました。超異分野学会2021をきっかけに始まったこの取り組みは、リアルテックベンチャーにとってどのような価値をもたらし、今後どのように発展していくのでしょうか。KOBASHI ROBOTICS・COOの坂下氏がモデレーターを務め、リアルテックファンド代表の永田氏、そして実際に製造支援を受けたExtraboldの原社長、CuboRexの寺嶋社長とともに、その価値や今後への期待について議論します。

“詳細情報”

〈モデレーター〉

坂下 翔悟 氏

KOBASHI HOLDINGS株式会社 社長室執行役員
/KOBASHI ROBOTICS株式会社 COO

 

1984年千葉県生まれ。大学卒業後、株式会社ミキモトに入社し、ダイアモンドのバイヤーとして王族皇室向けの調達業務に従事。その後、東日本大震災での復興事業の立ち上げを経験。2015年株式会社ミスミに入社。開発、生産、販売を経験し、ECでのマーケティングやプロモーションにも精通。事業戦略の立案にも従事。2020年より現職。グループ全体の事業戦略立案・遂行を担当。経営理念「地球を耕す」を体現すべく、中核事業である農業機械事業に加え、スタートアップへのモノづくり支援事業や地域新産業創出事業などを務める。

永田 暁彦 氏

リアルテックファンド 代表
株式会社ユーグレナ 取締役 代表執行役員 CEO

 

慶應義塾大学商学部卒業後、独立系プライベート・エクイティファンドに入社。2008年にユーグレナ社の取締役に就任。未上場期より事業戦略、M&A、資金調達、資本提携、広報・IR、管理部門を管轄。現在はCEOとして全事業執行を務め、健康寿命延伸を目指したリブランディング、脱炭素社会を目指すバイオ燃料開発、経営に10代を取り込む制度設計をするなど次世代経営を推進。また、日本最大級の技術系VC「リアルテックファンド」の代表としてファンド運営全般を統括する。

原 雄司 氏

株式会社ExtraBold 代表取締役

 

大手通信機メーカーでの試作現場や3DCAD/CAMソフト開発会社で開発責任者などを経験。その後、3Dプリンターなどの販売コンサル会社や3D技術者のコミュニティ運営会社などを起業し3D技術の普及に務めた。現在は、2017年に創業した株式会社ExtraBoldにて、3Dツールの開発やユーザーとしての経験、販売コンサルの経験を活かして、プラスチックを循環させる積層造形システムの開発と販売を行っている。

寺嶋 瑞仁 氏

株式会社CuboRex 代表取締役 CEO/CTO

 

1993年生まれ。和歌山県有田郡出身。和歌山高専知能機械工学科、長岡技術科学大学機械創造工学課程卒業。2016年株式会社CuboRex設立。学生時代からロボコンに精力的に打ち込み、全国準優勝など多数。レスキューロボットの研究をベースに、2017年James Dyson Award国内第3位。国際トップ20入賞。総務省異能ジェネレーションアワード「その他業務実施機関がおもいつきもしない分野」部門賞等受賞。

3月5日(土)9:30 - 18:20

メインホール セッションルームA セッションルームB ポスター・ブース会場
9:30 開会式
10:00 研究者・ベンチャーによるショートピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
11:00 ポスター・ブース
コアタイム
12:00 昼休憩  
13:00 基調講演① 異分野およびビックデータ解析で見た「健康長寿の扉の奥」とは

基調講演② コンテナ輸送から二足歩行へ。異分野に拡張する重心検知理論

 
13:50 移動    
14:00 セッション d2m1
topic: 宇宙
セッション d2a1
topic: カーボンニュートラル
セッション d2b1
topic: スタートアップのものづくり
14:50 移動・休憩 移動・休憩 移動・休憩
15:20 セッション d2m2
topic: 養殖
セッション d2a2
topic: 心理的資本
セッション d2b2
topic: 高分子
16:10 移動・休憩 移動・休憩 移動・休憩
16:40 セッション d2m3
topic: デジタルコモンズ
セッション d2a3
topic: 嗜好品
セッション d2b3
topic: 先端植物研究
17:30 移動 移動 移動
17:50 閉会式
18:20 交流会
19:00 終了

 

9:30-9:50
  • メインホール
開会式
10:00-11:00
  • メインホール
研究者・ベンチャーによる超異分野ピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
「(水などが)跳ねる・飛び散る、ザブンと落ちる」というスプラッシュ(splash)の意味にちなんだテクノロジースプラッシュは、研究者やベンチャーらが、90秒のピッチで、自分のやりたいこと、参加者に求めていることを会場の参加者にぶつける場です。次々と登場する研究者の知識と熱を浴びながら、熱を持った研究者を見つけ、またそのピッチをヒントに新たなアイデアを発想することを狙いとしています。その後、ポスター発表でさらに深い議論へと発展、新たな共同研究の創出につなげていくことを目指します。
11:00-12:00
  • ポスター・ブース会場
ポスター発表・ブース展示 コアタイム
超異分野のポスター発表(研究発表)ならびにブース展示(事業紹介)が集まります。この場から多くの新しいアイデアや知識を生み、研究や事業をさらに加速させていきましょう。
13:10-13:30
  • メインホール
基調講演1
異分野およびビックデータ解析で見た「健康長寿の扉の奥」とは
<講演概要>
日本は約30%という世界一の高齢化率(総人口に対する65歳以上の割合)であり、高齢化のスピードも世界最速といわれています。なかでも、特に高齢化の進行が著しい地域の1つに、鹿児島県垂水市があります。このような状況下で、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、保険師、心理学、作業療法士、理学療法士など、多くの専門家がチームを組み高齢者一人ひとりを長期にわたって徹底的に分析を試みるプロジェクトが平成29年に立ち上がりました。大石氏は、ご自身も心臓血管・高血圧内科学という専門をもち、スーパーバイザーとしてこのプロジェクトの中心的任務を担っています。
本基調講演では、大石氏が垂水市の1000人分の健康データを様々な分野の視点を介して解析することで見えてきた、「健康長寿」の扉を開く研究について、お話しいただきます。

“詳細情報”

大石 充 氏

鹿児島大学 心臓血管・高血圧内科学 教授

 

1990年大阪大学医学部卒業。1991年より循環器救急及び心臓カテーテル治療に従事。1995年大阪大学第4内科に帰局後、大阪市立大学病理学教室で動脈硬化研究を行う。1997年より2年間豪州Howard Florey研究所留学。大阪大学老年・腎臓内科学講師を経て2013年より鹿児島大学心臓血管・高血圧内科学教授。2015年より副病院長を兼務。鹿児島で3つのコホート研究および100万人分30年間の健診データ解析などを産学連携で行っている。

13:30-13:50
  • メインホール
基調講演2
コンテナ輸送から二足歩行へ。異分野に拡張する重心検知理論
<講演概要>
同じサイズのコンテナを輸送するトラックは、同じように見えて異なる走り方が求められます。コンテナの中の積み荷の状態が、トラック全体の重心に影響しているため、曲がるときの速度は重心位置によって限界が異なり、ときに思わぬ転倒事故などにつながります。このような課題に対して、渡邉氏は移動体の状態を検知し、転倒を未然に防ぐための研究を重ねて三次元重心検知理論を見いだしました。その技術は港湾物流に実装され活かされています。

この理論が、人という移動体にも適用できるかも知れないと考えて生まれた異分野連携が、土木作業員の疲労や熱中症対策でした。同理論を人の歩行に発展させた人間重心検知理論は、一見してはわからないような歩行時の人の揺れ具合を捉え、疲労の程度として評価することが可能です。倒れる限界に至る前に、適切に休憩を促すなど、肉体労働者の体調管理に役立つことが期待されます。重心位置に着目し、人をばね構造体として捉えたこの理論は、なぜ人がバランス良く自然な二足歩行が可能なのかという点でも有用な知見であり、様々な異分野との連携により、さらに新たな領域へと展開されることが期待されます。

“詳細情報”

渡邉 豊 氏

東京海洋大学 海洋工学系 流通情報工学部門 教授

 

1985年東京商船大学大学院商船学研究科修士課程修了、1989年東京大学工学部都市工学科研究員、1990年東京商船大学運送工学科助教授。1993年東京大学工学博士号取得。1994年スウェーデン王立チャルマース工科大学客員研究員、2004年東京海洋大学助教授、2005年東京海洋大学海洋工学部流通情報工学科教授を経て現職。環境・安全・セキュリティと経済性を両立させる物流システムを探求し、国際物流、港湾ロジスティクス等に関する研究の第一人者。

17:50-18:20
  • メインホール
閉会式
  • 協和発酵バイオ株式会社

  • KOBASHI HOLDINGS株式会社

  • ダイキン工業株式会社

  • DIC株式会社

  • 東洋紡株式会社

  • 日本ユニシス株式会社

  • 株式会社フォーカスシステムズ

  • 株式会社プランテックス

  • 株式会社ユーグレナ