超異分野学会 東京大会2022

大会テーマ
知識の還流 -地球貢献の時代へ-
日 時
2022年3月4日(金)・5日(土)
場 所
TOC GOTANDA MESSE(TOC五反田メッセ)アクセス

超異分野学会とは

近年、指数関数的に科学論文の数が増加しているのに対し、私たちが利用可能な知識の増加速度は到底およんでいません。2002年、このギャップを埋めるために、リバネスが考え抜いた末に行き着いた概念が「超異分野」です。以来、私たちは社会が利用できる知識へとサイエンスをブリッジするサイエンスブリッジコミュケーターとして、科学者、エンジニア、ビジネスパーソン、町工場の匠、医師、農業者、教育者など、多様な異分野のスペシャリストどうしを結びつけてきました。この「超異分野」ネットワークは、指数関数的に人類の知識を増加させる鍵となるはずだと私たちは考えています。超異分野学会は、その仮説を検証し、新たな一歩を踏み出すための場です。

超異分野学会 東京大会2022について

地球という限られた環境の中で、我々は様々なものを循環させ、持続可能な状況を維持しながら、そして新たなものを生み出しながら暮らしていかなければなりません。この絶対的なチャレンジは、まさに閉じた環境中で最大限の熱量で化学反応を行う”還流”に通ずるものがあるのではないでしょうか。東京大会2022では”知識の還流”をテーマに地球貢献に資する新たな知識について持続可能な視点で議論します。

日程 2022年3月4日(金)・5日(土)
場所 TOC五反田メッセ(東京都品川区西五反田6-6-19 )

<参加対象者>
アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生 etc

参加申込み

企業・行政機関の方 113,960円/2日間(税・決済手数料込) / 大学等研究機関所属の研究者・学生、教育関係者、中高生無料 無料

超異分野学会では、アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生など多くの皆さまの来場をお待ちしております。なお、新型コロナウイルス感染症対策のため、当日の座席数に上限を設けております。

研究発表演題・事業紹介ブース 登録【締切 2021年12月26日18時まで】

研究発表をご希望の方(ポスター発表)や事業紹介ブース出展はこちらからお申し込みください。希望者が超過する場合は、希望者から選定し、一部のみの参加とさせて頂きます。
登録締切 2021年12月26日 6:00PM

  • 3月4日
  • 3月5日

3月4日(金)10:00 – 18:30

メインホール セッションルーム ポスター・ブース会場
10:00 研究者・ベンチャーによるショートピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
11:00 ポスター・ブース
コアタイム(11:00-12:30)
12:00
13:00 開会式

基調講演① 『役に立たない』といわれたオートファジー研究で新領域を拓く

基調講演② 生物をお手本にしながら生物を超える材料を作る”メタバイオ”

 
14:00 セッション A-1 セッション B-1
15:20 セッション A-2 セッション B-2
16:40 セッション A-3 セッション B-3
17:30 リバネス研究アワード2022
表彰式・受賞特別講演
18:30 終了

 

13:10-13:30
基調講演1
『役に立たない』といわれたオートファジー研究で新領域を拓く
<講演概要>
残念なことに、いわゆる基礎研究は「社会の役に立たない」と位置付けられることも少なくない。変化の激しい昨今においては、いち早く事業化や産業利用できそうな研究が注目されやすい傾向があるのだろう。しかし、一見して役に立ちそうにない基礎研究は、新領域を切り拓き、新しい知識を生む源泉であり、基礎研究なくして科学技術の発展はありえない。今でこそ産業界も着目するオートファジー分野もそのような基礎研究から始まった研究分野である。純粋にオートファジー現象のメカニズムを明らかにしたい、その現象の生理的な意義を知りたいという強い好奇心が原点にある。「何の役に立つのか?」と問われながらも好奇心で基礎研究に向き合ってきた吉森氏の研究に対する考え方、科学を社会に還元する想いに触れることは、全ての研究者の道しるべになるに違いない。

“詳細情報”

吉森 保 氏

大阪大学 生命機能研究科 生命機能専攻 教授(兼任)医学系研究科 教授

 

大阪大学理学部生物学科卒業後、同大学医学研究科中退、私大助手、ドイツ留学を経て、1996年に大隅良典氏(2016年ノーベル生理学・医学賞受賞)の研究室に助教授として着任。共にオートファジー研究の黎明期から第一線で活躍する。国立遺伝学研究所教授、大阪大学微生物病研究所教授を経て現在に至る。2017年大阪大学栄誉教授。2019年紫綬褒章受賞、ほか受賞歴多数。2019年株式会社AutoPhagyGO 技術顧問。2020年一般社団法人日本オートファジーコンソーシアム 代表理事。

13:30-13:50
基調講演2
生物をお手本にしながら生物を超える材料を作る“メタバイオ”
<講演概要>
生物は分子の特性を巧みに活かした自己組織化により、高度に制御されたモノづくりを実現している。人類がトップダウンで加工してつくるよりもエコであるばかりか、高機能で精緻なモノづくりである。本講演では、これら生物などに学び、そしてそれを人工材料でより高度に模倣し、様々な機能性材料を創出してきた”メタバイオ”について事例を交えて紹介いただく。人類が向き合う社会課題や産業課題において、その解決のヒントを生物など自然界に学ぶことは多い。さらにこれらお手本を起点に新たにデザインした機能性材料を社会に還元する取り組みは、分野を超えるからこそ実現できる好例ではないだろうか。自己組織化、バイオミメティクス研究の醍醐味だけでなく、その成果を事業へとつなげている事例を紹介いただくことで、柔軟に分野を超えて発想するきっかけとしたい。

“詳細情報”

藪 浩 氏

東北大学 材料科学高等研究所 デバイス・システム ジュニア主任研究者
東北大学 多元物質科学研究所 准教授

 

2004年北海道大学電子科学研究所助手、2007年東北大学多元物質科学研究所助教、2007年-2009年理化学研究所客員研究員(兼任)、2010年同准教授、2016年同材料科学高等研究所ジュニア主任研究者、現在に至る。自己組織化によるメタマテリアル研究、バイオミメティクス材料開発など、機能性材料研究に取り組む。2019年に研究成果の社会実装を目指してAZUL Energy株式会社を共同設立し、取締役 チーフサイエンティフィックオフィサー(CSO)就任。

3月5日(土)10:00 - 18:00

メインホール セッションルーム ポスター・ブース会場
10:00 研究者・ベンチャーによるショートピッチ
「テクノロジースプラッシュ」
11:00 ポスター・ブース
コアタイム(11:00-12:30)
12:00
13:00 基調講演  
14:00 セッション A-4 セッション B-4
15:20 セッション A-5 セッション B-5
16:40 セッション A-6 セッション B-6
17:30 閉会式
18:00 終了

 

  • 協和発酵バイオ株式会社

  • KOBASHI HOLDINGS株式会社

  • DIC株式会社

  • 日本ユニシス株式会社

  • 株式会社フォーカスシステムズ

  • 株式会社プランテックス

  • 株式会社ユーグレナ