超異分野学会 益田フォーラム2022

大会テーマ
地域産業×科学技術で地域の価値を再構築する〜益田モデルの確立へ〜
日 時
2022年9月3日(土) 13:00-18:00
場 所
島根県益田市

超異分野学会とは

近年、指数関数的に科学論文の数が増加しているのに対し、私たちが利用可能な知識の増加速度は到底およんでいません。2002年、このギャップを埋めるために、リバネスが考え抜いた末に行き着いた概念が「超異分野」です。以来、私たちは社会が利用できる知識へとサイエンスをブリッジするサイエンスブリッジコミュケーターとして、科学者、エンジニア、ビジネスパーソン、町工場の匠、医師、農業者、教育者など、多様な異分野のスペシャリストどうしを結びつけてきました。この「超異分野」ネットワークは、指数関数的に人類の知識を増加させる鍵となるはずだと私たちは考えています。超異分野学会は、その仮説を検証し、新たな一歩を踏み出すための場です。

超異分野学会 益田フォーラム2022について

島根県益田市は、萩・石見空港から車で10分ほどの場所に位置するものの、人口減少、少子高齢化、農業の担い手不足、山林の荒廃などが著しく、日本創生会議では消滅可能性都市の1つとして挙げられています。リバネスでは、2018年より益田市の方々と協働して、これらの地域課題を解決すべく、県内外の研究者の知識・技術と地元資源を掛け合わせた、独自性の高いプロジェクトを創出しています。2022年のフォーラムでは、これまで進めてきた「ヘルステックモール実証研究」「放棄林地における放牧畜産」「未利用資源を活用したアグリビジネス」「ドローンを活用した海ごみ漂着診断」の4つのプロジェクト成果を発信すると共に、新たな仲間を集め、新プロジェクトの創出を行います。本フォーラムを通じて研究開発の加速と持続可能な地域分散型都市の構築を目指します。

日程 2022年9月3日(土) 13:00-18:00
場所 島根県益田市
共同主催 益田商工会議所・株式会社リバネス

<参加対象者>
アカデミア、ベンチャー、農業法人、大企業、町工場、自治体、中学・高校生 etc

<新型コロナウイルス感染症対策について>
本会は、政府・自治体より発表される方針を遵守し、実施会場とも連携しながら新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で、開催する予定です。

研究発表演題・事業紹介ブース 登録受付中
【2022年7月31日18時締切】

研究発表をご希望の方(ポスター発表)や事業紹介ブース出展はこちらからお申し込みください。希望者が超過する場合は、希望者から選定し、一部のみの参加とさせて頂きます。

  • 9月3日

9月3日(土)13:00 – 18:00

メインルーム ポスター・ブース会場
13:00 開会式
基調講演 ポスター・ブース
展示
13:30 セッション A-1
14:30 セッション A-2
15:30 ポスター・ブース
コアタイム
16:30 セッション A-3
ポスター・ブース
展示

17:30 閉会式  
18:00 終了  

 

15:30〜16:30
  • ポスター・ブース会場
ポスター発表・ブース展示 コアタイム
ポスター発表(研究発表)ならびにブース展示(事業紹介)から多くの新しいアイデアや知識を生み、研究や事業をさらに加速させていきましょう。

〈演題一覧〉
本ページ上部「ポスターセッション」をクリックいただくと、ポスター・ブース演題一覧をご覧いただけます。

〈演題要旨〉
オンライン要旨集をご参照ください。
※発表者ならびに参加チケットをお持ちの方のみ閲覧いただけます。
ポスター・ブース会場

超異分野ポスターセッション

9月3日(土)10:00-18:00(コアタイム 11:00-12:00)