超異分野学会 益田フォーラム2022

大会テーマ
地域産業×科学技術で地域の価値を再構築する〜益田モデルの確立へ〜
日 時
2022年9月3日(土) 13:00-18:20
場 所
サンパレス益田アクセス

超異分野学会とは

近年、指数関数的に科学論文の数が増加しているのに対し、私たちが利用可能な知識の増加速度は到底およんでいません。2002年、このギャップを埋めるために、リバネスが考え抜いた末に行き着いた概念が「超異分野」です。以来、私たちは社会が利用できる知識へとサイエンスをブリッジするサイエンスブリッジコミュケーターとして、科学者、エンジニア、ビジネスパーソン、町工場の匠、医師、農業者、教育者など、多様な異分野のスペシャリストどうしを結びつけてきました。この「超異分野」ネットワークは、指数関数的に人類の知識を増加させる鍵となるはずだと私たちは考えています。超異分野学会は、その仮説を検証し、新たな一歩を踏み出すための場です。

超異分野学会 益田フォーラム2022について

島根県益田市は、萩・石見空港から車で10分ほどの場所に位置するものの、人口減少、少子高齢化、農業の担い手不足、山林の荒廃などが著しく、日本創生会議では消滅可能性都市の1つとして挙げられています。リバネスでは、2018年より益田市の方々と協働して、これらの地域課題を解決すべく、県内外の研究者の知識・技術と地元資源を掛け合わせた、独自性の高いプロジェクトを創出しています。2022年のフォーラムでは、これまで進めてきた「ヘルステックモール実証研究」「放棄林地における放牧畜産」「未利用資源を活用したアグリビジネス」「ドローンを活用した海ごみ漂着診断」の4つのプロジェクト成果を発信すると共に、新たな仲間を集め、新プロジェクトの創出を行います。本フォーラムを通じて研究開発の加速と持続可能な地域分散型都市の構築を目指します。

日程 2022年9月3日(土) 13:00-18:20
場所 島根県益田市
共同主催 益田商工会議所・株式会社リバネス

<参加対象者>
アカデミア、ベンチャー、農業法人、大企業、町工場、自治体、中学・高校生 etc

<新型コロナウイルス感染症対策について>
本会は、政府・自治体より発表される方針を遵守し、実施会場とも連携しながら新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で、開催する予定です。

研究発表演題・事業紹介ブース 登録受付中
【2022年8月22日18時締切】

研究発表をご希望の方(ポスター発表)や事業紹介ブース出展はこちらからお申し込みください。希望者が超過する場合は、希望者から選定し、一部のみの参加とさせて頂きます。

聴講登録受付中

地元事業者、アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、生産者、自治体、中学・高校生など多くの皆さまの来場をお待ちしております。

  • 9月3日

9月3日(土)13:00 – 18:20

13:15-13:30
  • メインホール
ロボティクス技術とドローンによる社会インフラ革命
株式会社ACSL 代表取締役社長 鷲谷 聡之氏
2016年7月よりACSLに参画。以前はマッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社およびスウェーデン支社にて、日本と欧州企業の経営改革プロジェクトに従事。早稲田大学創造理工学研究科修士課程修了。
13:30〜14:30
  • メインホール
益田発、農業技術活用のすゝめ
これからの一次産業は、従事者の高齢化や生産性の向上、環境への負荷低減など多くの課題に直面している。大学や研究機関では、これらの課題解決につながる研究開発は進んでいるものの、すぐに現場に活かしていけるものは少ない。今回は、生産性向上にフォーカスし、生産者、研究者、ベンチャーと共に、研究開発が進められてきた技術が農業現場に速やかに浸透していけるのかを議論する。

“詳細情報”

草野 祐一 氏

有限会社アグリみと 代表取締役

「アグリみと」は、島根県益田市美都町を中心に、イチゴ、ベビーリーフ、茄子等の農産物の生産と販売を行う農業生産法人。中山間地域での農業生産のため、大規模化での経営効率向上が難しい。また冬場は山陰特有の日照が少なく、積雪もあり、通年での作物生産ができず通年雇用も行いにくい。そのような状況のなか、反収が高く冬場に栽培が可能なイチゴや、通年でベビーリーフを栽培し、中山間地域における持続可能な農業生産の展開を行なっている。

 

 

蔭山 健介 氏

埼玉大学 理工学研究科 教授

東京大学先端学際工学を修了し,博士(工学)を取得。アコースティック・エミッション(AE、突発的な現象により生じる弾性波)を用いた各種材料の非破壊評価に関する研究に従事した後,エレクトレットを用いた音響・超音波センサを開発してきた。そして,エレクトレットセンサを用いて植物や微生物の見えない動きをAEで捉え,それらの活動をモニタリングする技術の実用化に取り組んでいる。センサの素子やデバイスの回路基板,解析プログラムなど,AE測定に必要な機器を研究室で独自に開発(自作)することで,様々な環境での活動モニタリングにチャレンジしている。

梶山 博司 氏

Agri Blue株式会社 代表取締役社長

日立製作所、東京大学生産技術研究所、広島大学大学院を経て、2012年より徳島文理大学理工学部に勤務。理学博士。専門は表面物理、光物性工学。太陽光の百万分の1程度の弱い光が、植物の生育と二次代謝を大きく促進することに気づき、葉菜、果樹、海藻、微細藻類の次世代栽培技術の研究を開始。本技術の社会実装を目指し、2020年にAgri Blue株式会社を設立、施設園芸、植物工場、営農発電、海洋資源回復への応用を進めている。

宮内 陽介(モデレーター)

株式会社リバネス 農林水産研究センター センター長

株式会社アグリノーム研究所 代表取締役

千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻修了、博士(農学)。大学院では新疆ウイグル自治区にて現地研究者とダイズの多収栽培技術の確立を行った。リバネスでは自身の経験を活かし、研究プロジェクトを手がける。2019年より農業分野の横断的な研究を積極的に推進すべく農林水産研究センターを設立。同年、株式会社アグリノーム研究所の代表取締役に就任、持続的な食生産を目指し、完全循環型農業の実現に関する事業・研究を行う。

14:30〜15:30
  • メインホール
健康な人と街をつくる
スマートフォンやウェアラブルデバイスなどのデジタル技術の発展に伴い、生体データを活用して病気の予防や健康増進に資する革新的なサービスが生まれている。ここではメンタルヘルスに注目し、心身の健康と豊かな暮らしの実現に向けて、非侵襲的にデータを取得して活用するための取り組みを議論する。

“詳細情報”

高橋 知子 氏

高橋建設株式会社 社長室室長

高橋建設は、総合建設業で主に道路や橋梁、民間住宅、公共施設などの工事を行っています。その他にも砕石場やミュージアムショップ、ガソリンスタンド、焼却場の運転業務、観光農園の運営しており、様々な分野に取り組んでいる会社です。建設会社で農園を運営しているのは、定年社員の連続雇用制度から始まりました。当社には80代の方がワークライフバランスを維持し今も現場で働いています。これからも元気に働ける会社作りを目指しています。

五十棲 計 氏

株式会社イヴケア 代表取締役社長 CEO

2020年滋賀大学大学院教育学研究科を修了、修士(教育学)。同大学の大平准教授と連携し、2018年7月には滋賀テックプラングランプリのファイナリストとして選出され、パナソニックアプライアンス社賞を受賞。7月に東京で開催されたバイオテックグランプリでもファイナリストに選出され、日本ユニシス賞と竹中工務店賞を受賞。2019年1月11日に滋賀大学からの大学発ベンチャー第1号となる株式会社イヴケアを設立。

中嶋 香織(モデレーター)

株式会社リバネス 知識創業研究センター センター長

奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科細胞生物学専攻修了。同博士後期課程中途退学。横浜市立大学生命ナノシステム研究科ゲノムシステム学専攻 特任助手を経て2013年リバネスに入社。ベンチャーの新規研究開発シーズのPoCや、大学や企業との共創の場を担うオープンラボプラットフォームの構築を進める。また、同ラボを活用した次世代研究者の育成にも注力。JSTジュニアドクター育成塾事業シニアメンター、株式会社BIOTA取締役を兼任。

 

 

 

15:30〜16:30
  • ポスター・ブース会場
ポスター発表・ブース展示 コアタイム
ポスター発表(研究発表)ならびにブース展示(事業紹介)から多くの新しいアイデアや知識を生み、研究や事業をさらに加速させていきましょう。

〈演題一覧〉
本ページ上部「ポスターセッション」をクリックいただくと、ポスター・ブース演題一覧をご覧いただけます。

〈演題要旨〉
オンライン要旨集をご参照ください。
16:50〜17:50
  • メインホール
ベンチャーテストベッドとしての益田〜地域間広域連携を考える

“詳細情報”

丸 幸弘(モデレーター)

株式会社リバネス 代表取締役 グループCEO

東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻博士課程修了、博士(農学)。
2002年大学院在学中に理工系大学生・大学院生のみでリバネスを設立。日本初「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化。大学・地域に眠る経営資源や技術を組み合わせて新たな知識を生み出す「知識製造業」を営み、「知識プラットフォーム」を通じて200以上のプロジェクトを進行させる。町工場や大手企業等と連携したアジア最大級のベンチャーエコシステムの仕掛け人として、世界各地のディープテックを発掘し、地球規模の社会課題の解決に取り組む。株式会社ユーグレナをはじめとする多数のベンチャー企業の立ち上げにも携わる。
主な著書は『ディープテックDeepTech 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」』(日経BP)、『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)など。

ポスター・ブース会場

超異分野ポスターセッション

9月3日(土)10:00-18:20(コアタイム 11:00-12:00)