超異分野学会 福島ロボットテストフィールド 開所記念フォーラム2020

大会テーマ
福島から実証を、そして世界へ
日時
[前日行事]2020年11月13日(金)14:00〜18:00 [フォーラム]11月14日(土)11:00〜16:30
場所
福島県南相馬市 福島ロボットテストフィールドアクセス

超異分野学会では、研究の価値を広報し、研究費を集める機会を提供します

ー フォーラム概要 ー

福島ロボットテストフィールド(以下、RTF)は、物流、インフラ点検、大規模災害などに活用が期待される無人航空機、災害対応ロボット、自動運転ロボット、水中探査ロボットといった陸・海・空のフィールドロボットを主な対象にした、実際の使用環境を拠点内で再現しながら研究開発、実証試験、性能評価、操縦訓練を行うことができる、屋外の大型実証試験場で、福島イノベーションコースト構想の下で整備している、世界に類を見ない一大研究開発拠点です。

現在RTF内の研究棟には、ドローン、ロボット、モビリティ、非破壊検査などに関連する22の大学・研究機関や企業が入居し、本格的な実証試験が始まっています。この入居者と県内外の事業会社、ベンチャー、研究者を交えて、ドローン、ロボティクス、インフラ検査、農業IoT、災害対応などのテーマで、パネルディスカッションやポスター・ブース展示を行います。フィールドを活用した実証研究を現場で考えられる貴重な機会です。RTFを活用して研究開発を加速したい、新たな取り組みを考えたい方の参加をお待ちしています。

●プログラム
[前日行事]11月13日(金)14:00〜18:00(定員:40名限定)

福島ロボットテストフィールドの見学ツアーや、入居企業によるデモンストレーション、参加者と入居企業の交流会などを開催いたします。
※現地開催のみとなります。フィールドを活用した実証研究を現場で考えたい方は、ぜひご参加ください。

[フォーラム]11月14日(土)11:00〜16:30
RTF入居者や県内外の事業会社、ベンチャー、研究者を交えて、パネルディスカッションやポスター・ブース展示を行います。
※フォーラム当日のみ、サテライト会場(東京都内)への同時配信、およびオンライン配信を行います。
※サテライト会場:センター・オブ・ガレージ(〒130-0003 東京都墨田区横川1丁目16−3)

●参加対象者
研究者、大企業、ベンチャー、地元企業、 自治体、中高生、市民等

●企画キーワード
屋外実証試験、ロボット、ドローン、空飛ぶクルマ、自動運転、インフラ非破壊検査、リモートセンシング etc.

●主催
公益財団法人福島イノベーションコースト構想推進機構

●運営
株式会社リバネス

●会場までのアクセス
会場へはJR原ノ町駅から無料シャトルバスを運行予定です。
JR原ノ町駅までのアクセス:
仙台駅よりJR常磐線・原ノ町方面に乗車、原ノ町駅で降車(乗車時間約1時間20分)
上野駅よりJR常磐線特急・仙台方面に乗車、原ノ町駅で降車(乗車時間約3時間30分)
そのほかのアクセス方法に関してはこちらをご参照ください。

●宿泊について
前日プログラムからご参加の方は、宿泊先を各自でご手配ください。
[参考]南相馬市観光情報サイト
JR原ノ町駅付近のホテルでは、原町区 旭町、錦町、本町などのホテルがお薦めです。

●参加をご希望の方へ

福島ロボットテストフィールド 開所記念フォーラムでは、研究者、企業、町工場、地元の生産者や中高生など、幅広く参加を受け付けています。発表者との連携を考えたい、福島ロボットテストフィールドで何が始まろうとしているか知りたいなど、関心のある方は参加申込からご登録ください。

●お申し込み方法 (受付期間:開催直前まで)
①以下の「参加登録」ボタンをクリック
②ご自身のIDを作成ください
③ログイン後のメニューから「超異分野学会2020シーズン 参加登録(福島)」をクリック

④申込情報をご登録ください

・現地参加をご希望の方は
・サテライト会場をご希望の方は
・オンライン視聴をご希望の方は を選択
※現地参加の方は、前日プログラムへの参加有無についてもご回答ください。

●ポスター発表をご希望の方へ

本フォーラムでのポスター発表をご希望の方は、以下の演題登録フォームより必要事項をご記入ください。

[演題登録締切]10月27日(火)24:00

●演題登録の方法
①以下の「演題登録」ボタンをクリック
②ご自身のIDを作成ください
③ログイン後のメニューから「超異分野学会2020シーズン 演題登録(本大会・福島・益田)」をクリック
④右上にある「新規申し込み」のボタンをクリック
⑤演題登録フォームにて、「超異分野学会 福島ロボットテストフィールド 開所記念フォーラム2020 演題登録」を選択し、必要事項をご記入ください。

※ポスター発表を希望される方は、受付時に必要となりますので、上記の「参加登録」も合わせて必ずご登録ください

※ポスター発表枠に上限がありますので、お申し込み多数の場合は、ポスター発表枠をご用意できない可能性がございます。あらかじめご了承ください。なお、その場合は代替として、11/14(土)12:30-14:00 に行うショートピッチ「テクノロジースプラッシュ」にてご登壇いただけるよう、事務局よりご連絡差し上げます。

[フォーラム]11月14日(土) 11:00 – 16:30

※サテライト会場、および、オンライン参加の方向けには「セッション会場A」のみ配信いたします。

Time セッション会場A セッション会場B ポスター・ブース会場
10:30 開場
11:00 開催挨拶

基調講演

11:30 セッションA-1
個人が自由に空を移動する世界とは?
セッションB-1
ロボット農業のメッカをつくる
12:30-14:00 テクノロジースプラッシュ(ショートピッチ) テクノロジースプラッシュ(ショートピッチ)
※会場Aを同時配信
ポスターセッション
14:00 セッションA-2
人とロボットが連携した防災
セッションB-2
過酷な環境下で求められるロボット作業とは?
15:00 セッションA-3
いつまで人が大型建造物の建造、保守・点検を担い続けるのか?
セッションB-3
社会実装が進む自動運転技術の最先端
16:00 閉会式
16:30 終了

11:00〜11:30

<開会式・基調講演>

基調講演「空飛ぶクルマの開発とRTF活用」
株式会社SkyDrive 代表取締役 福澤知浩氏

株式会社SkyDriveは福島ロボットテストフィールド研究棟の第2期の入居者として、2019年から施設を活用して機体の研究開発を進めている。2020年8月25日には拠点の一つである豊田テストフィールドで試験飛行機による有人飛行を実現し、同社が目指す2023年の空飛ぶクルマの実用化に向けて大きな一歩を踏み出している。基調講演では同社代表取締役の福澤氏に、空飛ぶクルマの開発と有人飛行の話を交えながら、屋外で実証ができる場の意義についてお話しいただく。

“詳細情報“

<登壇者>

株式会社SkyDrive 代表取締役CEO
福澤 知浩(ふくざわ ともひろ)氏

東京大学工学部卒業後、2010年にトヨタ自動車に入社し、グローバル調達に従事。同時に多くの現場でのトヨタ生産方式を用いた改善活動により原価改善賞を受賞。2018年に株式会社SkyDriveを設立し、「空飛ぶクルマ」と「カーゴドローン」の開発を推進。経済産業省と国土交通省が実施する「空の移動革命に向けた官民協議会」の構成員として、「空飛ぶクルマ」の実用化に向けて政府と新ルール作りにも取り組む。

11:30〜12:20

<セッションA-1>
個人が自由に空を移動する世界とは?

「個人が自由に空を移動する世界とは?」を大きなテーマとし、どのような未来が考えられるのか、実現に向けた課題は何か、現状の開発はどこまで進んでいるのか、実現を加速するためにRTFに求められることとは?について幅広く議論します。

詳細情報

<パネリスト>

coming soon!

 

<モデレーター>

coming soon!

14:00〜14:50

<セッションA-2>
人とロボットが連携した防災

迅速な人命救助など人の現場判断が強く求められるにも関わらず、活動に危険を伴う災害現場。人とロボットの連携が重要な現場で、人もロボットもその連携を想定した訓練や開発が求められます。それぞれの強みを生かした連携の形について議論します。

詳細情報

<パネリスト>

coming soon!

 

<モデレーター>

coming soon!

15:00〜15:50

<セッションA-3>
いつまで人が大型建造物の建造、保守・点検を担い続けるのか?

大型建造物の特徴と不可欠な現状の保守・点検とは何か。公定検査など規制があるなかで、社会実装を円滑に進めるために必要な開発環境、ロードマップは何か?について議論します。

詳細情報

<パネリスト>

coming soon!

<モデレーター>

株式会社リバネス 知識創業研究センター センター長
岡崎 敬(おかざき たかし)
博士(理学)。大阪大学大学院卒。産業技術総合研究所特別研究員を経てリバネス入社。大学、大手繊維メーカー、国研での多様な研究経験の他、地方自治体外郭団体において科学技術振興企画業務に従事。主に地域でのシーズ発掘、人材育成、地域アクセラレーションの業務に取り組む。

11:30〜12:20

<セッションB-1>
ロボット農業のメッカをつくる

ロボット技術が本格的に農業に活用される時代を迎えるにあたり、ロボット化が困難な作業を伴う作物においては、導入が進む作物と格差が生まれるものと考えられ、日常的な食生活も変化する可能性がある。これまで困難とされた農作業分野でロボット化を推進するためには、どのような変化が必要なのか議論する。

詳細情報

<パネリスト>

coming soon!

<モデレーター>

株式会社リバネス 投資育成研究センター センター長
大坂 吉伸(おおさか よしのぶ)
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程、修士(経営学)。三菱UFJ銀行、国際協力銀行を経て、東京大学生産技術研究所(特任研究員)、科学技術振興機構(ACCELプログラムマネージャー)を歴任。リバネス入社後、研究者の研究成果の事業化支援、及びベンチャー企業の投資育成を担う。 株式会社グローカリンク代表取締役社長、リアルテックファンド グロースマネージャーを兼務。

14:00〜14:50

<セッションB-2>
過酷な環境下で求められるロボット作業とは?

廃炉に不可欠なロボット作業とは何か。それぞれの作業に求められるロボットの特性に着目し、その開発環境とRTFの果たす役割について議論します。さらに、そのような技術は、廃炉に留まらず、極限環境、宇宙開発への発展が期待され、RTFから様々な世界へと広がる産業について未来を語ります。

詳細情報

<パネリスト>

coming soon!

 

<モデレーター>

coming soon!

15:00〜15:50

<セッションB-3>
社会実装が進む自動運転技術の最先端

物流が増大する中で大きく意識される自動運転において、日本はどのようなものづくり、仕組みづくりを仕掛けていけるのか。RTFの場の活用も踏まえながら、自動運転のプレイヤーたちで議論します。

詳細情報

<パネリスト>

coming soon!

 

<モデレーター>

株式会社リバネス 執行役員
高橋 宏之(たかはし ひろゆき) 氏
2009年横浜市立大学大学院博士後期課程修了。博士(理学)。40歳以下の若手研究者を対象にした「リバネス研究費」の立ち上げなど、産業界と若手研究者との間で新たな研究プロジェクトを生み出すことを中心に従事。さらに、アカデミアの枠組みにとらわれずに個々人の知識、技術、課題解決に対するパッションを合わせることで、新たな知識、研究開発のタネを生み出す場、「超異分野学会」を仕掛け続けている。

12:30〜13:50
(交代制:前半12:30〜13:10、後半13:10〜13:50)

研究者ポスター、ベンチャーブース 掲示・展示

特定の分野に限らない、多種多様な発表を同時に行なうことで、異分野どうしで互いのパッションを交換しあい、イノベーションのきっかけを作り出すポスター・ブース発表の場です。

[前日行事]11月13日(金) 14:00 – 18:00

※前日行事は現地のみでの開催となります。

Time プログラム
13:30 開場
14:00 開会挨拶
入居・利用企業のRTF活用事例紹介
15:00 福島ロボットテストフィールド視察ツアー
17:00 交流会
18:00 終了

14:00〜15:00

開会挨拶
入居者からのRTF活用事例紹介

福島ロボットテストフィールド(RTF)の紹介に加え、すでに入居者としてRTFを活用している企業から、実証試験での具体的な活用事例についてご紹介いただきます。

15:00〜17:00

福島ロボットテストフィールド視察ツアー

福島ロボットテストフィールドの施設内見学ツアーや、入居企業によるデモンストレーションを行います。

詳細情報

coming soon!

17:00〜18:00

交流会

参加者と入居企業の交流会を開催いたします。参加者の方からはショートピッチを行っていただき、フォーラム当日へ向けてのディスカッションの機会とします。
(飲食の提供は行いません)