お知らせ

2021年2月12日

参加者募集【超異分野学会】町工場が自社でAI外観検査をやってみた/2021年3月6日10:00〜@大田区

パネルディスカッション
町工場が自社でAI外観検査をやってみた

リバネスが主催する第10回超異分野学会 本大会(2021年3月5-6日(金、土))内で、パネルディスカッション「町工場が自社でAI外観検査をやってみた」(presented by 株式会社リバネス ものづくり研究センター)を開催いたします。

 

技術の発展とともに、AIは中小企業には手が届かない技術ではなく、中小企業にとっても活用可能で、生産性向上にとどまらず従業員満足度の向上や技術継承等、 様々な効果を享受できる技術となってきた。ソフトウェア部分は技術発展により活用難易度が下がっていく中、実は中小企業の持つ現場知識・巧みの技こそが導入の鍵 であるにも関わらず、それに気づけている企業が少ない。そこで、本セッションでは経済産業省とマッキンゼーが仕掛ける実証事業を通じて、外部のIT企業に頼るのではなく、自社が主導する形でAIツールを活用して外観検査を実施した町工場を招き、その利便性と難しさについて議論する。

 

本セッションのテーマに限らず、様々な切口から研究者、スタートアップ、大企業でディスカションするプログラムをご用意しております。
ただいま聴講者を募集しておりますので、奮ってご参加ください。大会ウェブサイト(以下参照)にて受け付けております。

※当日は新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で開催いたします。詳細はこちら

 


町工場が自社でAI外観検査をやってみた
presented by 株式会社リバネス ものづくり研究センター
日時:2021年3月6日(土)10:00-11:00
詳細:https://hic.lne.st/conference/hic2021/

 

登壇者

株式会社ヨシズミプレス
専務取締役
吉住 研(よしずみ けん)氏

日本工業大学付属高校(現日本工業大学付属駒場高校)を卒業後、同社に入社。先代の下で金型技術を学ぶ。3D CADとマシニングセンタをいち早く導入し、複雑金型精度を向上させる。また、それまで社内になかった深絞りや板鍛造技術を習得し、切削部品のプレス化や、2部品を1部品化などVE提案を基本とする営業に取り組み、試作開発から大量生産までの体制を確立。近年ではデザイナーと組み商品開発に着手するなど、プレス加工の可能性に挑戦している。

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社東京オフィス
パートナー
櫻井 康彰(さくらい やすあき)氏

消費財小売り、公共セクター企業に対して主にデジタルを活用した変革をリード。特にデータの利活用の領域で大企業・中小企業へのAI活用事例などの経験を豊富に有する。ハーバードビジネスレビューなどの執筆多数。東京大学法学部卒業、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修了。

経済産業省商務情報政策局情報技術利用促進課
課長補佐
村上 豊(むらかみ ゆたか)氏

2007年東京理科大学理学部卒業。同年、経済産業省入省。2015年から2017年にBabson College F.W. Olin Graduate School of Businessに留学。MBA取得。経済産業省において、METI-DXの一環として、保安ネット(産業保安・製品安全関連法令の電子申請システム)構築等に従事。2019年より現職。課題解決型AI人材育成「AI Quest」担当。

<モデレーター>
株式会社リバネス
執行役員CKO
長谷川 和宏(はせがわ かずひろ)氏

東京都立大学大学院工学研究科修士課程修了、修士(工学)。ものづくり分野のインキュベーション事業テックプランターの立ち上げや、浜野製作所と連携したガレージスミダの運営、スーパーファクトリーグループの推進なども担う。また日本最大のものづくりスタートアップのためのインキュベーション施設「センターオブガレージ」を設立するなど、幅広い立場でものづくり企業の活性化を担う。