イノベーションは異分野どうしの融合なくしては生まれません。
超異分野学会は、アカデミア・産業界の枠に関係なく、研究、ビジネス、技術に関連する多様な分野のスペシャリストが集まり、議論し、仲間を作るための場です。基礎研究から研究成果の社会実装に至るまで、様々な発表テーマが参加者を待っています。

第7回超異分野学会 本大会

超異分野学会 本大会

大会テーマ

人とは何か、そして人を取り巻く研究へ

第7回超異分野学会 本大会は、「人とは何か」をテーマにおいて開催します。人にまつわる多様なデータを統合的に理解することで生まれる新たな知識、技術について、国内外の研究者、ベンチャー、町工場、大企業の人々が集まり議論します。そして、この集まりの中から新たな研究チームを生み出していくことにチャレンジします。

[開催日時] 2018年3月2日(金)、3月3日(土)
[参加人数] 400名/日(予定)
[開催場所] TEPIA先端技術館(東京都港区北青山2-8-44)

3月2日(金)

研究成果の社会実装、世の中の課題の解決を目指して研究開発に取り組むスタートアップが国内外から集結する
TECH PLANTER World Communications」
をはじめとして、技術で社会課題に挑戦するアカデミア、大企業、ベンチャー、町工場の人々が集まります。

3月3日(土)

リバネス研究費採択者による研究発表
「リバネス研究費アワード2018」
をはじめとして、最先端の研究に取り組む若手研究者を中心に、人とは何かの問いに対するシンポジウム、パネルディスカッション、ポスター発表を行います。

フォーラム&シンポジウム

地域で活性化している取り組みや、産業場の課題を題材に、アカデミア・企業・町工場など異分野のチームで研究を始めるきっかけをつくるための議論の場です。本大会(東京)にはない、開催地の独自性をコアに展開します。

琉球フォーラム2017は盛況のうちに終了いたしました。

沿革

2002年、「超異分野であれ」をスローガンに自らの専門を他者に伝え、他者の専門を受け止める志を持つ研究者たちが超異分野交流会を立ち上げました。
その後、2011年には若手研究者向け研究助成金「リバネス研究費」の採択者も参加して参加者数と専門分野の拡大が加速。その翌年には学会へと改組しました。
さらに技術ベンチャーのためのシードアクセラレーションプログラム「TECH PLANTER」コミュニティから数々のベンチャー創業者が参加。そこから超異分野学会は、基礎研究から事業化まで、科学技術のあらゆるフェーズの議論が行われる場となっています。