超異分野学会 富谷フォーラム2019

大会テーマ
水素活用実証都市から考える未来の暮らし
日時
2019年12月13日(金)9:30〜17:30
場所
宮城県富谷市 成田公民館アクセス

宮城県富谷市は低炭素水素サプライチェーンの実証都市に選ばれ、水素を一つの軸に新たなまちづくりに挑戦しています。まちづくりにおける多様な研究要素を議論し、次の実証試験として具体化することを狙いとして、本フォーラムを実施いたします。
燃料電池や水素の製造・貯蔵等にとらわれず、富谷市が住宅都市であることに絡めて交通インフラ、居住環境、都市エネルギーシステムなどの生活に関わる最先端の研究とまちづくりとの接点を生み出していきます。都市機能や生活インフラなどの実証の場を探している方は、ぜひて発表にお越しください。未来の暮らしについて、共に議論をしましょう。

 

※本フォーラムは、宮城県富谷市における「未来水素エネルギーフォーラム in 富谷」事業(平成31年度みやぎ環境交付金活用事業)の一環として実施いたします。翌日(12月14日)には中高生のための学会「サイエンスキャッスル2019,東北大会」を実施します。ぜひ、2日間続けてのポスター発表、ご聴講にお越しください。

〈参加対象者〉
研究者、大企業、ベンチャー、地元企業、 自治体、中高生、市民等

〈企画キーワード〉
再生可能エネルギー 、燃料電池、送電、省エネ、都市設計、 スマートグリッド、モビリティ、交通システム、住宅、スマート社会、ヘルスケア etc.

〈共同主催〉宮城県富谷市・株式会社リバネス

アカデミアポスター演題・ベンチャーブース展示

登録締切[10月31日(木)24:00]

※聴講のみの登録締切[12月5日(木)24:00]

宿泊・交通には限りがありますので、余裕を持ってご手配ください。
ご不明点はお気軽にご相談ください。


既にログインしたことがある場合は、ログイン後の申請フォームより申請ください。
初めて利用される方は、ログイン画面にある「新規会員登録はこちら」より会員登録を行ったあとに申請フォームが表示されます。

2019年12月13日(金) 9:30 – 17:30

9:40〜10:00

基調講演

河野 龍興 氏
東北大学金属材料研究所 特任教授

東京大学先端科学技術研究センター 特任教授 兼任
ミラノ工科大学 客員教授 兼任

詳細はこちら

1993年 4月 株式会社東芝 研究開発センター
2004年 5月 東北大学金属材料研究所 客員助教授
2005年 4月 東北大学大学院環境科学研究科 非常勤講師
2009年 4月 株式会社東芝 社会インフラシステム社 参事
2012年 4月 東芝アジア・パシフィック社 水研究センター センター長
2014年12月 株式会社東芝次世代エネルギー事業開発プロジェクトチーム 担当 部長

2016年 6月 東北大学金属材料研究所 特任教授(~現在)
2019年 4月 東京大学先端科学技術研究センター 特任教授 兼任
2019年 5月 ミラノ工科大学 客員教授 兼任

10:00〜11:00

<オープニングセッション>
2030年の水素エネルギー

水素を利用した都市、街づくりに向けた実証試験が全国各地で取り組まれています。従来型の石炭燃料を使ったエネルギー供給とは異なる仕組みを導入していく必要がある中、各自治体はどのような取り組みをして、どのような課題が見えてきているのか。富谷市での事例も含めて各プレイヤーの現状を紹介しつつ、本当の普及に向けて求められる技術開発や都市の仕組みは何かを経験をもとに議論します。

“詳細情報“

<登壇者>

富谷市長
若生 裕俊
(わこう ひろとし) 氏

11:00〜12:00

<セッション1>
輸送・貯蔵の技術が水素エネルギーを身近にする(仮)

水素エネルギーの活用では、コストを抑えていかに効率よく水素を貯蔵するか、いかに水素を作った場所から使う場所へと輸送するか、という「貯蔵」と「輸送」に関わる技術が非常に重要になってきます。大企業での取り組みが先行していますが、ベンチャーや大学の研究者の中でもこの技術開発に挑戦する人々が現れています。このセッションでは、貯蔵、輸送の課題に挑戦するベンチャー、大学研究者に登壇いただき、技術の社会実装のために参加者も巻き込んでどのような取り組みができるかを考えます。

詳細はこちら

詳細はまもなく公開予定

13:00〜14:00

<セッション2>
次世代の移動・輸送手段で変わるくらしの街(仮)

自動運転や自律運転によって人の移動、モノの輸送はどのように変化していくのでしょうか。空中ドローンの登場で、輸送体は自動車だけにとらわれなくなっていく時代が遠からずやってくることが予想されています。とりわけ、富谷市のような住むことを大きな目的とした街において、これから社会に実装されてくる移動・輸送手段はどのようなインパクトを持ちうるのか。このセッションでは次世代の移動・輸送手段に関連した開発を行なっているプレイヤーに集まっていただき、自分たちの取り組みが「住」の街をどう変えていきうるかについて議論します。

詳細はこちら

詳細はまもなく公開予定

14:00〜15:00

<セッション3>
電力が見える、くらしが変わる(仮)

センサーやIoT、情報技術の発展により、発電場所から消費場所への一方通行ではない電力流通の形が生まれつつあります。これにより、電力分配、蓄電、他のエネルギー形態への転換による保存などを地域単位で効率的に行う、スマートなエネルギー利用が可能になるはずです。このセッションでは消費量、発電効率、電力取引などを見える化する技術開発やサービス提供を行うプレイヤーが集まり、今後のエネルギー流通について議論するとともに、富谷市で何が仕掛けられるかについても考えます。

詳細はこちら

詳細はまもなく公開予定

16:00〜17:00

<クロージングセッション>
富谷から全国につながる次の一歩がここから始まる(仮)

水素エネルギーもからめた都市、街づくりを実現するために、我々はどのように技術を浸透させていくことができるのか。このセッションでは、今回のフォーラムに出てきたプレイヤーと彼らが持つ技術について振り返りつつ、それがこれからのくらしに導入されていくためにできる取り組みは何か、まず一歩目の小さな実証試験としてどのようなことができるのかを描きます。

詳細はこちら

詳細はまもなく公開予定

14:00〜16:00

<テクノロジーカンファレンス>
スマート社会がもたらす暮らしの変化(仮)

詳細はこちら

詳細はまもなく公開予定

10:00〜17:00(コアタイム 13:00〜14:00)

研究者ポスター、ベンチャーブース 掲示・展示

特定の分野に限らない、多種多様な発表を同時に行なうことで、異分野どうしで互いのパッションを交換しあい、イノベーションのきっかけを作り出すポスター・ブース発表の場です。