超異分野学会 富谷フォーラム2019

大会テーマ
水素活用実証都市から考える未来の暮らし
日時
2019年12月13日(金)9:30〜17:30
場所
宮城県富谷市 成田公民館アクセス

宮城県富谷市は低炭素水素サプライチェーンの実証都市に選ばれ、水素を一つの軸に新たなまちづくりに挑戦しています。まちづくりにおける多様な研究要素を議論し、次の実証試験として具体化することを狙いとして、本フォーラムを実施いたします。
富谷市がこれから人口増加を続ける住宅都市であることに絡めて、交通インフラ、居住環境、都市エネルギーシステム、医療など、生活に関わる最先端の研究とまちづくりとの接点を生み出していくことを狙いとしています。”10年、20年先の暮らし”に向けた挑戦を、共に議論をしましょう。異分野の視点で研究に新たな切り口を加えたい方、実証実験のパートナーを探索したい方など、ぜひ発表にお越しください。

※本フォーラムは、宮城県富谷市における「未来水素エネルギーフォーラム in 富谷」事業(平成31年度みやぎ環境交付金活用事業)の一環として実施いたします。翌日(12月14日)には中高生のための学会「サイエンスキャッスル2019 東北大会」を実施します。ぜひ、2日間続けてのポスター発表、ご聴講にお越しください。

〈参加対象者〉
研究者、大企業、ベンチャー、地元企業、 自治体、中高生、市民等

〈キーワード例〉
人口増加/減少、まちづくり、エネルギー、燃料電池、省エネ、都市設計、 スマートグリッド、モビリティ、交通システム、住宅、スマート社会、ヘルスケア etc.

〈設置予定賞〉
発表者を対象に以下の賞を予定しております。(発表コアタイム:13:00-14:00)
●最優秀ポスター賞(5万円)
●未来・水素エネルギーフォーラム賞(5万円)

〈共同主催〉宮城県富谷市・株式会社リバネス

アカデミアポスター演題・ベンチャーブース展示

2次募集 受付中[11月27日(水)24:00〆切] 

※ご聴講のみの方も以下のボタンから事前登録ください

宿泊・交通には限りがありますので、余裕を持ってご手配ください。
ご不明点はお気軽にご相談ください。


既にログインしたことがある場合は、ログイン後の申請フォームより申請ください。
初めて利用される方は、ログイン画面にある「新規会員登録はこちら」より会員登録を行ったあとに申請フォームが表示されます。

2019年12月13日(金) 9:30 – 17:30

9:40〜10:00

基調講演

東北大学金属材料研究所 特任教授
河野 龍興(こうの たつおき) 氏

東京大学先端科学技術研究センター 特任教授 兼任
ミラノ工科大学 客員教授 兼任

東芝アジア・パシフィック社 水研究センター センター長、株式会社東芝 次世代エネルギー事業開発プロジェクトチーム担当部長を経て現職。東芝では水素吸蔵合金の研究に従事し、充電池 eneloopに使用されている超格子合金を発明。現在は、東京大学先端科学技術研究センター 特任教授、ミラノ工科大学 客員教授を兼任。専門は水素エネルギー技術(水素製造・貯蔵・利用)。

10:00〜11:00

<オープニングセッション>
2030年の水素エネルギー

水素を利用した都市、街づくりに向けた実証試験が全国各地で取り組まれています。従来型の石炭燃料を使ったエネルギー供給とは異なる仕組みを導入していく必要がある中、各自治体はどのような取り組みをして、どのような課題が見えてきているのか。富谷市での事例も含めて各プレイヤーの現状を紹介しつつ、本当の普及に向けて求められる技術開発や都市の仕組みは何かを経験をもとに議論します。

“詳細情報“

<登壇者>

富谷市長
若生 裕俊
(わこう ひろとし) 氏

1995年、31歳で起業し、その後宮城県青年会議会長やスローフードインターナショナル国際理事等を務めた。2011年の東日本大震災後、「復興屋台村気仙沼横丁」をオープン。経済産業大臣より表彰を受ける。2012年に富谷電力(株)を設立し、2015年に富谷町長に就任。2016年に初代富谷市長に就任し、現在2期目。

環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室
大谷 直人(おおたに なおと) 氏

株式会社リバネス 知識創業研究センター センター長
髙橋 宏之
(たかはし ひろゆき)

11:00〜12:00

<セッション1>
次世代の移動・輸送手段で変わるくらしの街

自動運転や自律運転によって人の移動、モノの輸送はどのように変化していくのでしょうか。空中ドローンの登場で、輸送体は自動車だけにとらわれなくなっていく時代が遠からずやってくることが予想されています。とりわけ、富谷市のような住むことを大きな目的とした街において、これから社会に実装されてくる移動・輸送手段はどのようなインパクトを持ちうるのか。このセッションでは次世代の移動・輸送手段に関連した開発を行なっているプレイヤーに集まっていただき、自分たちの取り組みが「住」の街をどう変えていきうるかについて議論します。

詳細はこちら

詳細はまもなく公開予定

14:00〜15:00

<セッション2>
輸送・貯蔵の技術が水素エネルギーを身近にする

水素エネルギーの活用では、コストを抑えていかに効率よく水素を貯蔵するか、いかに水素を作った場所から使う場所へと輸送するか、という「貯蔵」と「輸送」に関わる技術が非常に重要になってきます。大企業での取り組みが先行していますが、ベンチャーや大学の研究者の中でもこの技術開発に挑戦する人々が現れています。このセッションでは、貯蔵、輸送の課題に挑戦するベンチャー、大学研究者に登壇いただき、技術の社会実装のために参加者も巻き込んでどのような取り組みができるかを考えます。

詳細はこちら

詳細はまもなく公開予定

15:00〜16:00

<セッション3>
地域内電力流通によるエネルギー循環都市を目指して

大規模火力発電所が都市周辺に建設され、送電網を通じて電力が供給される体制が国内に構築されてから60年あまり。世界的に脱炭素社会を目指して自然電力への転換が叫ばれ、また台風や大雨等の自然災害から、電力供給の安定化に多くの研究が集まりました。
本セッションでは、集合住宅、町、市単位で自然電力をベースとした発電を行い、地域内で無駄なく消費していく地域新電力を実現するための取り組みについて、コミュニティ、電力システム、ブロックチェーンなどの視点から議論します。その中から、富谷市で実行可能なプロジェクトの絵を描きます。

詳細はこちら

詳細はまもなく公開予定

16:00〜17:00

<クロージングセッション>
富谷から全国につながる次の一歩がここから始まる

水素エネルギーもからめた都市、街づくりを実現するために、我々はどのように技術を浸透させていくことができるのか。このセッションでは、今回のフォーラムに出てきたプレイヤーと彼らが持つ技術について振り返りつつ、それがこれからのくらしに導入されていくためにできる取り組みは何か、まず一歩目の小さな実証試験としてどのようなことができるのかを描きます。

詳細はこちら

<登壇者>

東北大学金属材料研究所 特任教授
河野 龍興(こうの たつおき) 氏
東京大学先端科学技術研究センター 特任教授 兼任
ミラノ工科大学 客員教授 兼任

東芝アジア・パシフィック社 水研究センター センター長、株式会社東芝 次世代エネルギー事業開発プロジェクトチーム担当部長を経て現職。東芝では水素吸蔵合金の研究に従事し、充電池 eneloopに使用されている超格子合金を発明。現在は、東京大学先端科学技術研究センター 特任教授、ミラノ工科大学 客員教授を兼任。専門は水素エネルギー技術(水素製造・貯蔵・利用)。

株式会社リバネス 代表取締役社長COO
髙橋 修一郎 (たかはし しゅういちろう)

東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了、博士(生命科学)。設立時からリバネスに参画。大学院修了後は東京大学教員として研究活動を続ける一方でリバネスの研究所を立ち上げ、研究開発事業の基盤を構築。独自の研究助成「リバネス研究費」や未活用研究アイデアのデータベース「L-RAD」のビジネスモデルを考案し、産業界・アカデミア・教育界を巻き込んだオープンイノベーション・プロジェクトを数多く仕掛ける。

14:00〜16:00

<テクノロジーカンファレンス>

低炭素社会実現にむけたキーパーソンとなりうるベンチャーやアカデミアから、4分間のショートプレゼンテーションと参加者とのディスカッションを実施します。研究内容とこれからのやりたい実証を話していただき、実証事業を実現するためのチーム作りを狙います。(予定:発表4分 x 8チーム+約20分間の自由ディスカッション ×2round 実施)

詳細はこちら

詳細はまもなく公開予定

10:00〜17:00(コアタイム 13:00〜14:00)

研究者ポスター、ベンチャーブース 掲示・展示

特定の分野に限らない、多種多様な発表を同時に行なうことで、異分野どうしで互いのパッションを交換しあい、イノベーションのきっかけを作り出すポスター・ブース発表の場です。