超異分野学会 富谷フォーラム2019

大会テーマ
水素活用実証都市から考える未来のエネルギー
日時
2019年12月13日(金)9:00〜17:30
場所
宮城県富谷市 成田公民館アクセス

水素を活用したエネルギーサイクルを社会に実装するためには、輸送方法、使い方、エネルギーのコストなど、様々な解決すべき課題が存在しています。これは、アカデミアの中だけで閉じた研究では解決できず、利用者である市民、商品・サービスを普及させる企業、社会の仕組みを整える自治体も連携してこそ具体的な形が見えてくると我々は考えています。本フォーラムは、水素エネルギーの社会実装に向けて実証試験が進んでいる宮城県の富谷市を舞台に、研究者、大企業、ベンチャー、町工場、市民などを巻き込んだ議論から、実装可能な水素エネルギー活用のモデルを考えます。

※本フォーラムは、宮城県富谷市における「未来水素エネルギーフォーラム in 富谷」事業(平成31年度みやぎ環境交付金活用事業)の一環として実施いたします。また、翌日には中高生のための学会「サイエンスキャッスル2019,東北大会」も実施予定です。

〈参加対象者〉
研究者、大企業、ベンチャー、地元企業、 自治体、中高生、市民等

〈企画キーワード〉
水素エネルギー、輸送、サステイナブル、貯蔵、燃料電池、発電、再生可能エネルギー、スマート社会、共生型産業、SDGs、モビリティ etc.

〈共同主催〉宮城県富谷市・株式会社リバネス

【演題登録締切】10月31日(木)24:00

聴講参加申し込みは直前まで受付けております。
宿泊・交通には限りがありますので、余裕を持ってご手配ください。
ご不明点はお気軽にご相談ください。

2019年12月13日(金) 9:00 – 17:30

9:30〜10:00

基調講演

10:00〜11:00

<セッション1>
2030年の水素エネルギー(仮)

11:00〜12:00

<セッション2>
輸送・貯蔵で水素が身近になる(仮)

13:00〜14:00

<セッション3>
モビリティの新時代がやってくる(仮)

14:00〜15:00

<セッション4>
水素エコサイクルを作る異分野技術(仮)

16:00〜17:00

<セッション4>
富谷から全国へ。実証モデルを作ろう(仮)

10:00〜17:00(コアタイム 15:00〜16:00)

研究者ポスター、ベンチャーブース 掲示・展示

特定の分野に限らない、多種多様な発表を同時に行なうことで、異分野どうしで互いのパッションを交換しあい、イノベーションのきっかけを作り出すポスター・ブース発表の場です。