超異分野学会

メニュー

超異分野学会 大阪フォーラム2018

大会テーマ:健康を再定義する

いま、健康の捉え方が変わりつつあります。これまでは定期的に健康診断を受け、あるいは病院を受診することが健康維持の主な手段でした。今後私たちは、病院にかからずとも日常的に自分の健康を知り、病気を未然に予防・診断し、健康を自らデザインできるようになる未来に近づいています。古くから経済・商業が栄え、食文化や芸能の中心でもある大阪には、今や健康や医療に関わる最先端の研究拠点や、ヘルステック関連企業が多数集積しています。本フォーラムでは、その大阪を舞台に、食、医療、IoT、お笑いまで幅広い話題から、これからの時代の健康とは何かを再定義するための挑戦を行います。
■開催日時:2018年10月13日(土)9:30〜18:30

■開催場所:アートホテル大阪ベイタワー(大阪府大阪市港区弁天1丁目2−1)

〈参加対象者〉
アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生

〈企画キーワード〉
健康、医療、ヘルスケア、予測・計測技術、コホート調査、健康寿命、人生100年時代、食、IoT、お笑い etc.

〈前夜祭〉
2018年10月12日(金)19:00〜21:00(事前申込制・参加費無料)
ラーゴ ディ ブル(大阪ベイタワー ベイタワーイースト3階)

演題登録〆切:2018年9月27日(木)24時
※登録締切を9月16日より延長いたしました。

募集演題の発表形式はすべてポスター発表になります。

ポスターサイズ:最大A0サイズで貼り付け可能
ポスター番号等:事務局で別途用意いたしますので、ポスター内への記載は不要です

2018年10月13日(土) 9:30 – 18:30

A会場

B会場

ポスター・ブース会場

9:30〜10:00

開会挨拶

株式会社リバネス取締役副社長CTO 井上 浄
東京薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了、博士(薬学)、薬剤師。リバネス創業メンバー。博士過程を修了後、北里大学理学部助教および講師、京都大学大学院医学研究科助教を経て、2015年より慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授、2018年より熊本大学薬学部先端薬学教授、慶應義塾大学薬学部客員教授に就任・兼務。研究開発を行いながら、大学・研究機関との共同研究事業の立ち上げや研究所設立の支援等に携わる研究者。

10:00〜11:20

<セッションA1>
蓄積と統合で予測する自分の身体の未来

コホート調査、個人の遺伝子検査など個々人の状態を予測するための取り組みにより、活用できる情報は増大しています。加えて、技術の進歩でより詳細な生体データや、生活の履歴が取得可能になった時、我々はそれをどう読み解き、活用できる形にするのか。
予測に関わる研究者、計測に欠かすことのできないセンサーを開発する企業、情報を活用するベンチャーが集まり、現在の最先端だけでなく、これからどのような技術やプラットフォームが求められるかについて幅広く議論します。

11:40〜12:40

<ランチョンセッション>
ヘルスケアベンチャーピッチ

2019年度に国立健康・栄養研究所の移転が決定した大阪府や、理化学研究所が生命機能科学研究センターを置く神戸市など、関西には医療の研究拠点が集積しています。関西から生まれる医療・ヘルスケアに関する研究成果の社会実装化を目指すベンチャーを招聘し、自らが実現したい世界観を発表します。関西から世界を変えようとするベンチャーと共に、関西の未来を考えるきっかけをつくります。

<登壇ベンチャー(随時更新、順不同)>
AMI株式会社、株式会社サイディン、株式会社HERBIO、クアドリティクス株式会社、株式会社マイオリッジ、ハーテックラボ、トイメディカル株式会社、腸管免疫研究所、株式会社キュオール

13:00〜14:20

<セッションB2>
地域のものづくり企業と創る健康社会

地域に根ざした産業と共にいかにして健康な社会を創れるのでしょうか。本セッションでは、健康な社会を「地域産業に次世代が参画するエコシステムが成り立っている社会」と定義し、その中でも地域産業の起爆剤としてものづくり企業に着目して新たなエコシステムの構築を図る取り組みを紹介します。持続可能な地域発展を実現するための議論の中で地域産業の新たな可能性を探ります。

セッションパートナー:成光精密株式会社(Garage Minato)、株式会社木幡計器製作所(Garage Taisho)

詳細はこちら

【パネリスト紹介】

高満 洋徳 氏

成光精密株式会社 代表取締役 / ガレージミナト

1976年生まれ岡山県出身。2001年に大阪市港区で産業用工作機械の部品加工業を始める。2007年に法人化(社名:成光精密株式会社)現在、プロトタイプ品を主に製作。2019年にオープンイノベーションによる新しい製品の企画・開発に向けて、多様な企業、大学・研究機関等と交流を行う拠点としてGarage Minato(ガレージミナト)を立上げ、DeSETプロジェクトへ参画し、世界のものづくりの課題を解決すべく取り組んでいる。

 

木幡 巌 氏

木幡計器株式会社 代表取締役 / ガレージタイショウ

1968年生まれ大阪府出身。大学卒業後、空気圧機器メーカーSMC(株)の営業職を経て、1992年に家業である (株)木幡計器製作所に入社。1996年、同社取締役就任。2013年代表取締役就任。創業100年以上の主力製品である機械式圧力計製造の他、現在は医療機器開発や、既存計器のIoT化など、産学連携で新たな開発に挑戦する拠点として、2019年にGarage Taisho(ガレージタイショウ)を設立し、地域のものづくり企業の活性化事業にも積極的に携わっている。

 

松浦 昌宏 氏

国立大学法人滋賀医科大学 研究戦略推進室 特任教授

化学品メーカーの研究開発、バイオベンチャー企業の事業開発、科学技術振興機構(特許主任調査員)を経て、2013年7月より現職。産学連携のコーディネート、大学知財マネジメントに従事しつつ、イノベーション人材の育成プログラムを推進している。

 

 

【オーガナイザー紹介】

 株式会社リバネス 代表取締役社長COO 髙橋修一郎

 

14:50〜16:10

<セッションA2>
1000万人の健康作りをどう実現するか

人生100年時代、健康経営、健康寿命の延伸…ここ数年で急速に広がっているヘルスケア関連の話題ですが、本当に社会を変えるためには、長期に渡る健康行動を実現する具体的方法を考える必要があります。 本セッションでは、自治体単位での健康作りを実現した研究の成果や食から健康を作る取り組みをもとに、社会単位での健康づくりの実現について議論します。

セッションパートナー:ロート製薬株式会社

詳細はこちら

地域の高齢者を対象とした数千人規模のコホート研究では、健康データの蓄積と適切な食事・運動等の介入によっ て医療・介護費を低減しうることがすでに示されています。一方で、若い世代を含む数万〜1,000万人規模の健康づく りを実現するためには、企業等の組織活動の中での意識作りや食事介入、またスマートフォン等をフックとした個人 へのモチベーティングの仕掛けなど、研究とは異なる仕組みを設計し、展開していくことが必要になるはずです。 本セッションでは、実績のある介入方法や行動変容のための技術、また健康診断データの活用等をベースとして、 健康行動作りを組織活動に展開していくための道筋を議論し、共同研究プロジェクトの形成を狙います。

【パネリスト紹介】
吉田 司 氏

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
国立健康・栄養研究所 健康長寿研究室 特別研究員

神戸市出身。京都工芸繊維大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。
2012年より、京都府亀岡市をフィールドとしたコホート研究「亀岡スタディ」に参画。自治体と研究者グループの橋渡し役として活躍。2017年より国立健康・栄養研究所に勤務。亀岡市、京都学園大学、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の三者協定にこれまでの経験を活かし、本年6月に包括協定を締結。専門は、高齢者の体力についての研究。日本体育学会若手研究優秀賞受賞。健康運動指導士。

 

杉山 治 氏
京都大学医学部附属病院 先制医療・生活習慣病研究センター 特定講師

 

河崎 保憲 氏
ロート製薬株式会社 広報・CSV推進部 部長

 


【オーガナイザー紹介】

西山 哲史
株式会社リバネス
研究開発事業部 部長

 

16:30〜17:50

<クロージングセッション>
これからの健康とは何か?

第一線の研究者と健康に関する企業コンソーシアムのメンバーを招待し、これからの健康という概念がどう変わっていくかについて、当日の総括も兼ねた議論を行います。

18:00〜18:30

閉会式

株式会社リバネス 戦略開発事業部 福田 裕士

奈良先端科学技術大学院大学博士前期課程修了。修士(バイオサイエンス)
学位取得後、畜産飼料卸売店が経営する養豚場に勤務。2009年、株式会社リバネスに入社。沖縄事業所に赴任し、ブランド豚「福幸豚」を立ち上げた。2016年9月に熊本県に異動し、自然共生型産業研究所所長として、地域資源と人、そして世代を超えた人同士が共生する自然共生型産業の研究を推進。株式会社福幸城ファーム 取締役。2018年4月に大阪本社に赴任した。大阪府和泉市出身。