超異分野学会

メニュー

超異分野学会 大阪フォーラム2018

大会テーマ:健康を再定義する

いま、健康の捉え方が変わりつつあります。これまでは定期的に健康診断を受け、あるいは病院を受診することが健康維持の主な手段でした。今後私たちは、病院にかからずとも日常的に自分の健康を知り、病気を未然に予防・診断し、健康を自らデザインできるようになる未来に近づいています。古くから経済・商業が栄え、食文化や芸能の中心でもある大阪には、今や健康や医療に関わる最先端の研究拠点や、ヘルステック関連企業が多数集積しています。本フォーラムでは、その大阪を舞台に、食、医療、IoT、お笑いまで幅広い話題から、これからの時代の健康とは何かを再定義するための挑戦を行います。
■開催日時:2018年10月13日(土)9:30〜18:00

■開催場所:アートホテル大阪ベイタワー(大阪府大阪市港区弁天1丁目2−1)

<参加対象者>
アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生

<企画キーワード>
健康、医療、ヘルスケア、予測・計測技術、コホート調査、健康寿命、人生100年時代、食、IoT、お笑い etc.

2018年10月13日(土) 9:30 – 18:00(懇親会 18:00-20:00)

メイン会場

サブ会場

  • 10:00-11:20<サブセッション1>
    TBD
  • 13:00-14:20<サブセッション2>
    TBD
  • 14:30-15:50<サブセッション3>
    TBD

ポスター・ブース会場

9:30〜10:00

開会挨拶

10:00-11:20

<セッション1>
蓄積と統合で予測する自分の身体の未来

コホート調査、個人の遺伝子検査など個々人の状態を予測するための取り組みにより、活用できる情報は増大しています。加えて、技術の進歩でより詳細な生体データや、生活の履歴が取得可能になった時、我々はそれをどう読み解き、活用できる形にするのか。
予測に関わる研究者、計測に欠かすことのできないセンサーを開発する企業、情報を活用するベンチャーが集まり、現在の最先端だけでなく、これからどのような技術やプラットフォームが求められるかについて幅広く議論します。

11:40-12:40

<ランチョンセッション>
ヘルスケアベンチャーピッチ

2019年度に国立健康・栄養研究所が決定した大阪府や、理化学研究所が生命機能科学研究センターを置く神戸市など、関西には医療の研究拠点が集積しています。関西から生まれる医療・ヘルスケアに関する研究成果の社会実装化を目指すベンチャーを招聘し、自らが実現したい世界観を発表します。関西から世界を変えようとするベンチャーと共に、関西の未来を考えるきっかけをつくります。

13:00-14:20

<セッション2>
技術と素材で健康寿命を最大化する

人生100年を生きる中で、薬に頼らずどのように自らの体を良い状態に保つか。食事や運動、心の持ち方により健康状態をコントロールする様々な技術に注目が集まっています。
本セッションでは、様々な視点から健康な状態をつくる研究を行う研究者・ベンチャー等が登壇し、無理をせず持続的に健康な精神と肉体を維持するためのアプローチについて議論します。

16:00〜17:20

<クロージングセッション>
これからの健康とは何か?

第一線の研究者と健康に関する企業コンソーシアムのメンバーを招待し、これからの健康という概念がどう変わっていくかについて、当日の総括も兼ねた議論を行います。

17:30〜18:00

閉会式、写真撮影