第10回 超異分野学会 本大会

大会テーマ
変化・適応・進化
日 時
2021年3月5日(金)・6日(土)9:00-18:00
場 所
コングレスクエア羽田(一部オンライン配信)アクセス

新規感染症の世界的流行にともない生活様式が変わりつつあるだけでなく、技術の進歩、自然環境の変化によって人間の活動の様々なレイヤーで大きな変化が起こっています。これまで培われてきた科学技術に関する知識、そして今まさに取り組まれている最先端の研究や技術開発で得られている知見を、従来の常識にとらわれず柔軟に組み合わせていくことが、今起きている変化に適応するだけでなく、さらに我々を前進させる力になるはずです。第10回を迎える超異分野学会本大会では、「変化・適応・進化」を大会テーマに掲げ、2日間、36のセッションで科学技術を軸に議論を行います。

日程 2021年3月5日(金)・6日(土)
場所 コングレスクエア羽田(一部オンライン配信)
住所 東京都大田区羽田空港一丁目1 番 4 号 羽田イノベーションシティゾーンJ(アクセス

<参加対象者>
アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生 etc

<企画キーワード>
エネルギー、ライフサイエンス、建築、化学、モビリティ、ロボティクス、データサイエンス、マテリアル、コンピューターサイエンス、アグリ、エレクトロニクス、フード、サイコロジー etc.

<参加費・参加申込方法>
聴講参加登録:下記参照
演題・ブース登録:下記参照

聴講者募集中

超異分野学会では、アカデミア、ベンチャー、大企業、町工場、自治体、中学・高校生など多くの皆さまの来場をお待ちしております。また、2021年本大会は、新型コロナウイルス感染症対策のため、当日来場可能数に限りがございます。一部プログラムをオンライン配信させて頂きますので、オンライン参加でもお楽しみください。

〔チケット種別と参加費用〕

当日会場参加 オンライン聴講
企業、行政機関の方向けのチケット 10万円 5万円
アカデミア、教育関係者、中高生向けのチケット 無料 無料

上記金額以外に、消費税及び支払手数料が必要となります。また、組織単位で複数枚チケットをお申し込み希望の場合など、ご相談ください。

ポスター発表 演題登録募集中【2021年1月22日10時締切】

研究発表をご希望の方はこちらからお申し込みください。希望者が超過する場合は、希望者から選定し、一部のみの発表とさせて頂きます。
登録締切 2021年1月22日(金) AM10:00

ブース登録募集中【2021年1月22日10時締切】

事業紹介をご希望の方はこちらからお申し込みください。希望者が超過する場合は、希望者から選定し、一部のみの発表とさせて頂きます。
登録締切 2021年1月22日(金) AM10:00

プログラム情報

  • 3月5日
  • 3月6日

3月5日(金)9:00-18:00

メインホール
(オンライン配信)
セッションルームA セッションルームB ポスター・ブース会場
9:00 開会式
基調講演
   
10:00 [セッション]日本ーシンガポールエコシステム接続 [セッション]地域に超異分野の研究者が集う理由とは? [セッション]研究キャリアの考え方を考える
11:00 [セッション]Future Food Tech ASEAN [セッション]ものづくりベンチャーが抱える製造課題と解決策 [セッション]ここまで来た!ライフサイエンス実験のオートメーション
12:00 昼食時間
13:00 [セッション]DeepTech Meetup Seminar coming soon coming soon  
14:00 [セッション]コロナ時代のアジアDeep Tech businessの始め方 coming soon [セッション]感染症拡大を克服するための研究現場の戦い〜COVID-19で見えてきた新たな知見〜
15:00 コアタイム
16:00 [アワード]リアルテックベンチャー・オブ・ザ・イヤー2021 [セッション]産業界へ広げるクロスアポイントメント [セッション]腸・異分野で、ヒトの健康を考える
17:00 coming soon [セッション]プロセステクノロジーが人類のこれからの生き方を創り上げる!?

 

9:00〜9:50
  • メインホール・オンライン配信
基調講演「社会課題に向き合う東南アジアの3名の起業家が語る『共感的創業時代、日本のディープテックベンチャーは時代を牽引できるのか?』」
強いテクノロジーを基軸に新たな産業が形成される構図は失われつつある。近年においては、世界的大手IT企業が、情報を駆使して急成長し、さらに新たな分野へ参入し、テクノロジーベンチャーへの出資や買収により、より強固な地位を築いてきた。しかし、そのような企業のあり方が見直されている。

企業が真に向き合うべきは未解決の社会課題である。多くのテクノロジーを組み合わせて立ち向かわなければならないディープイシューの解決へと社会の流れは変化しつつある中、この度の基調講演では、長期的に取り組まなければならない大きな社会課題に対して向き合う東南アジアのベンチャー創業者3名に話をうかがう。1社独占でのビジネスではなく、共感によってつくられるビジネスが、新たな潮流になりつつある時代において、日本のベンチャー企業は、どのように社会課題に向き合っていくべきなのか考えるきっかけとしたい。

“詳細情報”

Shiok Meats Pte. Ltd. (ショーク・ミーツ)
CEO & Co-Founder
Dr. Sandhya Sriram(ンディヤ・シュリラム 博士)

幹細胞領域で10年以上の経験を持つ研究者。南洋理工大学(シンガポール)で博士号を取得後、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)で4年間同領域の研究に従事。その後、科学技術の事業化を支援する会社を2社(Biotech In Asia, SciGlo)立ち上げたのちに、A*STARに在籍していたDr. Ka Yi Lin氏(共同創業者兼CTO)と共にShiok Meats社を設立。Forces Women in Techに起業家として選出、Nature Biotechnology ブログの著者。1985年インド生まれ、ベジタリアン。

Aerodyne Group (エアロダイングループ)
CEO
Mr. Kamarul A. Muhamed(カマルル・ムハメド 氏)

エンタープライズソフトウェアとセキュリティ、インタラクティブマルチメディアアプリケーションとソフトウェア開発、およびドローンアプリケーションのパイオニアとして25年の経験を持つ。ノッティンガムトレント大学を卒業後、監査役としてロンドンでキャリアをスタート。その後、Computer Associatesのディレクター兼カントリーマネージャーに就任。2014年、AIを主導とするドローンベースのエンタープライズ管理ソリューションプロバイダであるAerodyne Groupを設立。アジアでNo.1のドローンカンパニーへ成長し、2018年にはフロスト&サリバン社のMalaysia Excellence Awardsにおいて、UAV company of the year 2018を受賞している。

NDR Medical Technology Pte. Ltd.(NDRメディカルテクノロジー
CEO, Co-Founder
Mr. Alan Goh(アラン・ゴー 氏)

人工知能と医用画像処理によって駆動される外科用ロボットを開発するMedtechの新興企業であるNDRメディカルテクノロジーのCEO兼共同創設者。開発したデバイスにより外科医の低侵襲手術を支援している。APACMedスタートアップ委員会の委員長に任命され、アジア太平洋地域内のmedtechエコシステムを指導および構築。近年は、Slingshot2018およびMedtechInnovator Asia-pacific 2019での優勝など注目を集めている。

10:00〜11:50
  • メインホール・オンライン配信
日本ーシンガポールエコシステム接続セッション「ハブがつながる、その先へ」
シンガポール企業にとって日本は昔から重要な市場、コラボレーターとして位置付けられてきたが、言語や商習慣の違いから、まだ積極的なコラボレーションは実現していない。リバネスとシンガポール政府はこの状況を打開すべく、日本とシンガポールのエコシステムを接続する取り組みを2020年よりシンガポールベンチャーの日本進出支援という形で開始した。リバネスとEnterprise Singapore(シンガポール企業庁)は、日本進出支援プログラムを共同で実施することで、そのプログラムに採択されたシンガポールベンチャーの日本での市場開拓や技術開発を支援している。本セッションでは、採択されたベンチャーのピッチにより、エコシステム接続が拓く未来を概観する。
16:00〜17:50
  • メインホール・オンライン配信
リアルテックベンチャー・オブ・ザ・イヤー2021
2015年より、株式会社リバネスは「リアルテック領域における独自性、新規性、成長性の高い事業を手掛けるベンチャー企業」を「リアルテックベンチャー・オブ・ザ・イヤー」として表彰している。これにより、社会全体としてリアルテックベンチャーを生み出す意識の高揚を図ることを目的に、次世代の起業家へのロールモデルを提示する。第7回となる2021年は、「スタートアップ部門」、「グロース部門」「ブースト部門」の3部門での表彰を行い、ベンチャーとの交流や、新技術がもたらす未来へのインパクトを感じとる場を提供する。
10:00〜10:50
  • A会場
ものづくりベンチャーが抱える製造課題と解決策
この数年、町工場による試作支援が進み、ディープテック領域への投資が増加した結果、多くのスタートアップが事業を加速できるようになってきた。一方で、事業化を見据えた本格的な量産を見据えるフェーズで課題を抱える事例が増加している。そこで、ディープテック領域において数多くの投資育成を行っているリアルテックファンドの永田氏、ドローンファンドの大前氏の2名と、スタートアップのものづくり支援を行うKOBASHI HOLDINGSの小橋氏をゲストに招き、最前線のものづくりベンチャーが抱える課題と解決策について議論する。

“詳細情報”

KOBASHI HOLDINGS株式会社 代表取締役社長 小橋正次郎氏

1982年岡山県生まれ。早稲田大学大学院経営管理研究科(MBA)修了。2008年小橋工業株式会社入社。2016年同社代表取締役社長に就任。2017年KOBASHI HOLDINGS株式会社を設立、代表取締役社長に就任。1910年の創業以来、農業の機械化を推進し、農業分野の課題解決に尽力。長年培ってきた知識や技術を応用し、スタートアップ企業とイノベーションを共創し、地球規模の課題解決に取り組む。

リアルテックファンド 代表/株式会社ユーグレナ 取締役副社長 永田暁彦氏

慶応義塾大学商学部卒業後、独立系プライベート・エクイティファンドに入社。2008 年に ユーグレナ社の取締役に就任し、未上場期より事業戦略、M&A、資金調達、資本提携、広 報・IR、管理部門 を管轄。現在は COO 兼ヘルスケアカンパニー長としてブランドの立ち 上げやバイオ燃料事業や研究開発など、全ての事業執行を担当。また、日本最大級の技術系 VC「リアルテックファンド」の代表を務める。

Drone Fund 共同創業者/代表パートナー 大前創希氏

2002年に(株)クリエイティブホープを創業し、戦略的なWeb/ITコンサルティングにより国内外数多くのプロジェクトを成功に導く。ドローングラファ(2014~)としては、ドローンムービーコンテストでの準グランプリ受賞(2016)や、読売テレビ・ドローン絶景紀行での総合監修(2018)などの活動がある。2017年Drone Fundアドバイザリーボードに就任し、翌年共同代表パートナーに就任。ビジネス・ブレークスルー大学/大学院教授(専門はデジタルマーケティング)。

<モデレーター>
株式会社リバネス 執行役員CKO 長谷川和宏

東京都立大学大学院工学研究科修士課程修了、修士(工学)。修士1年よりリバネスに参加し、その後リバネス初の新入社員として入社。2012年より執行役員に就任。ものづくり分野のインキュベーション事業テックプランターの立ち上げや、浜野製作所と連携したガレージスミダの運営、スーパーファクトリーグループの推進なども担う。また日本最大のものづくりスタートアップのためのインキュベーション施設「センターオブガレージ」を設立するなど、幅広い立場でものづくり企業の活性化を担う。

3月6日(土)9:00-18:00

メインホール
(オンライン配信)
セッションルームA セッションルームB ポスター・ブース会場
9:00 開会式
基調講演
   
10:00 リバネス研究費アワード2021 coming soon [セッション]2030年に迎える海底地形図100%時代がもたらす人類の未来
11:00 テクノロジースプラッシュ coming soon [セッション]フード・レギュラトリーサイエンス〜食と絶食を科学するという挑戦〜
12:00 昼食時間
13:00 [セッション]植物生産革命
coming soon [セッション]超異分野な次世代を育てるには?  
14:00 [セッション]コミュニケーションのみらいのカタチ
coming soon [セッション]ヒトのバイタルセンシング
15:00 コアタイム
16:00 coming soon coming soon coming soon
17:00 coming soon coming soon [セッション]日本発Food scienceの可能性を探る
9:00〜9:50
  • メインホール・オンライン配信
基調講演「社会基盤を変えうる研究とその社会実装に挑戦する」
日進月歩で様々な技術が社会の変化を促している。その背後には、最先端の研究に取り組むとともに、その成果を社会につなげる挑戦をしている研究者の存在がある。2日目の基調講演では、大会テーマである「変化・適応・進化」を考える道しるべとなるよう、研究成果の社会実装に最先端で取り組み続けている2名の研究者(山形大学教授古川英光氏、東北大学准教授大関真之氏)に、それぞれ、世界に先駆けてやわらかい材料を3Dプリンティングする3Dゲルプリンターの開発、多数の選択肢から生まれる膨大な組合せの中から最適な組合せを決めることに特化した量子アニーリングの研究について講演いただく。

“詳細情報”

山形大学 工学部機械システム工学科 教授 古川英光氏

山形大学ソフト&ウェットマター工学研究室(SWEL)の研究室代表。2009年の山形大学異動後に3Dゲルプリンターの開発を始めたところ、3Dプリンターブームが来て注目を集めるようになる。2018年4月に、やわらか3D共創コンソーシアムを設立、会長に就任するなど、技術の社会実装にも力を入れる。高分子ゲルの3Dデジタルファブリケーションを強化する研究、3Dプリンターを教育に活かす研究、先端技術を社会実装する研究で、新価値創造を地方からグローバルに展開している。

東北大学情報科学研究科 応用情報科学専攻 准教授 大関 真之氏

非常に複雑な多数の要素間の関係や集団としての性質を明らかにする統計力学と呼ばれる学問体系を切り口として、機械学習を始めとする現代のキーテクノロジーを独自の表現で理解して、広く社会に普及させることを目指している。大量の情報から本質的な部分を抽出する、または少数の情報から満足のいく精度で背後にある構造を明らかにすることができる「スパースモデリング」や、量子力学を活用して組合せ最適化問題を解く「量子アニーリング」に関する研究活動を展開している。平成28年度文部科学大臣表彰若手科学者賞受賞。

10:00〜10:50
  • メインホール・オンライン配信
リバネス研究費アワード2021
自分の研究アイデアを形にするためにチャレンジをしている若手研究者は、どのような研究で未来を見ているのか。リバネス研究費アワードでは、リバネス研究費採択者の中から選ばれた若手研究者が、自身の研究の背景、ビジョン、その研究が進展した先にどのような新たな知識が得られるのか、どのように世界が変わりうるのかについてプレゼンテーションを行う。これら発表を通じて会場の参加者にも発想を広げていただき、最先端の研究の先にある新たな研究を一緒に始める機会とする。
11:00〜11:50
  • メインホール・オンライン配信
研究者・ベンチャーによる超異分野ピッチ
テクノロジースプラッシュ
「(水などが)跳ねる・飛び散る、ザブンと落ちる」というスプラッシュ(splash)の意味にちなんだテクノロジースプラッシュは、研究者やベンチャーらが、2分間のピッチで、自分のやりたいこと、参加者に求めていることを会場の参加者にぶつける場である。次々と登場する研究者の知識と熱を浴びながら、熱を持った研究者を見つけ、またそのピッチをヒントに新たなアイデアを発想することを狙いとする。その後のポスターでさらに深い議論へと発展、新たな共同研究の創出につなげていただきたい。
13:00〜13:50
  • メインホール・オンライン配信
植物生産革命 〜植物の可能性を引き出す〜
人類は、農耕を始めるようになって以来、アグリテックを駆使し生産物の収量増加や品質向上を実現させてきた。世界人口の増加や世界規模の気候変動が起きているなか、今後の食料の安定供給のためには、人類は植物の可能性を引き出すような革命的な植物生産を行うことが求められてくると考えられる。今回は、植物の生育や機能性を高める研究者をお呼びして、植物の可能性を引き出すアプローチについてお伺いし、今後の生産現場へ反映されることで描かれる未来について議論する。
14:00〜14:50
  • メインホール・オンライン配信
コミュニケーションのみらいのカタチ
コロナ禍のグローバルな拡大によって、学校教育や企業活動の中で、オンラインツールを活用したコミュ ニケーションが急速に普及してきた。その方法は、ビデオ会議システムを使ったグローバルな遠隔の通話、チャットツールによる文字のやりとり、ロボットを介したテレプレゼンスなど様々である。 DXというパラダイムシフトを迎えた今こそ、わたしたちは、急激に多様化するツールに溺れず、コミュニケーションに対する理解を深め、その本質を見きわめる時期に来ているのではないか。 将来、わたしたちの相互理解はどのように形作られるのだろう。 本セッションでは、コミュニケーションをキーワードに活躍する超異分野の専門家が集い、本質を捉えるための創発的議論を行う。

“詳細情報”

ハイラブル株式会社 代表取締役 水本武志氏

2013年京都大学大学院情報学研究科 博士後期課程修了。博士(情報学)。カエル合唱とロボット合奏の研究に従事。同年ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパンに入社し、音の研究に従事。2016年ハイラブル株式会社を創業し代表取締役に就任。対面とWeb会議の話し合いの見える化サービスを提供。学校や企業研修を中心にのべ18,000人以上の会話を分析。第17回日本eラーニング大賞厚生労働大臣賞等受賞。

東京大学 進化認知科学研究センター 助教 橘亮輔氏

2011年 同志社大学生命医科学研究科博士後期課程修了、博士(工学)。日本学術振興会特別研究員、スイス連邦工科大学チューリッヒ校研究員、東京大学特任研究員を経て、2019年4月より現職。聴覚と発声にかかわる音響・認知・神経科学を専門とし、声の制御と学習のメカニズムについての研究に従事。音声コミュニケーションの基盤となる神経メカニズムの理解を目指し、ヒト・鳥類・げっ歯類を対象とした幅広い研究を展開している。

京都大学霊長類研究所 神経科学研究部門 特定研究員 香田啓貴氏

2001年京都大学理学部卒、同大学院理学研究科生物科学専攻博士課程を就職に伴い中退。博士(理学)。京都大学霊長類研究所多様性保全研究分野、同行動神経研究部門、認知科学研究部門のそれぞれ助手、助教を経て現職。言語の起源やその進化史について,東南アジアを中心とした野生動物の観察や、霊長類を対象とした動物実験研究を通じて、動物との比較をおこない研究を進めている。

<モデレーター>
株式会社リバネス 代表取締役COO 髙橋修一郎

東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了、博士(生命科学)。専門は植物病理学。設立時からリバネスに参画し、博士取得後も大学で研究活動を続ける一方でリバネスの研究所を立ち上げ、研究開発事業の基盤を構築。独自の研究助成「リバネス研究費」や未活用研究アイデアのデータベース「L-RAD」のビジネスモデルを考案し、産業界・アカデミア・教育界を巻き込んだプロジェクトを数多く仕掛ける。文部科学省中央教育審議会大学分科会大学院部会委員等

  • 協和発酵バイオ株式会社

  • KOBASHI HOLDINGS株式会社

  • 株式会社ダイセル

  • 日本ユニシス株式会社

  • 株式会社フォーカスシステムズ

  • 株式会社プランテックス

  • 三菱電機株式会社

  • 株式会社ユーグレナ