超異分野学会

メニュー

お知らせ

2018年2月28日

大企業の技術はどう活用できる?研究者vs町工場のアイデアプレゼン「三菱電機アイデアプラス」

■■聴講申込み 本日20時まで!!■■

プレゼンテーション
三菱電機アイデアプラス

リバネスが主催する第7回超異分野学会 本大会(2018年3月2日、3日@TEPIA先端技術館)内で、大企業の技術をもとに、研究者と町工場がアイデアを戦わせる「三菱電機アイデアプラス」(セッションパートナー:三菱電機株式会社)を開催いたします。

第7回超異分野学会 本大会 Webサイト:https://hic.lne.st/conference/kanto2018/

大企業には十分に活用されないままになっている技術が存在します。その技術に違う視点から光を当てることで、社会実装するチャンスを増やすことはできるのか、そのための試みとしてこのプロジェクトはスタートしました。今回は、三菱電機株式会社の好意により、同社が保有する技術をたたき台として提供していただきました。

<<活用する技術はこちら>>
海水の水柱で電波を送受信可能な海水アンテナ「シーエアリアル」
空気の膜で粉塵や水滴、氷雪の付着を防ぐ「スマートエアコーティング」

新規用途を考えるプレイヤーは、大学・研究機関、町工場の人々です。それぞれのチームでプランを練り上げていくプロセスを通じて、技術の新規用途を考えられる人材を育成していくことを目指します。

聴講には事前のお申込みが必須ですので、ぜひお早めにお申込みください。


三菱電機アイデアプラス
日時:3月3日(土) 13:00~14:20
会場:TEPIA先端技術館 4階A会場 セッションルーム3

<プレゼンター>
●大学・研究機関 1チーム
●町工場 2チーム

<審査員>
●三菱電機株式会社 デザイン研究所 未来イノベーションセンター エクスプローリンググループマネージャー 山中 聡
●三菱電機株式会社 情報技術総合研究所 アンテナ技術部 主席研究員 秋元 晋平
●三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 マテリアル技術部 主席技師長 吉田 育弘
●株式会社リバネス代表取締役CEO 丸 幸弘

※海水の水柱で電波を送受信可能な海水アンテナ「シーエアリアル」
海水中には電流を流さず、アンテナ送受信部だけに高周波電流を効率よく流せる給電構造(絶縁ノズル)です。アンテナとして機能するのに十分な水柱の太さをシミュレーションで割り出し、実用レベルのアンテナ効率も実現しています。

※空気の膜で粉塵や水滴、氷雪の付着を防ぐ「スマートエアコーティング」
ナノ微粒子を疎水性樹脂へ分散させる技術を高度化した独自の超撥水材料です。マイクロメートルサイズの凹凸構造を形成することができ、この構造が空気の膜を形成するので、粉じんや水滴・氷雪の付着を抑制します。塗布は金属からプラスチック、紙など基材を選ばず可能です。

本ディスカッションに限らず、2日間に渡り、最先端のアカデミアの研究、最新のスタートアップ事情、日本の先進的なものづくりの取組みなど、領域を超えた数々のプログラムをご用意しております。発表者ならびに聴講者を募集しておりますので、奮ってご参加ください。

聴講申込(2月28日締切)は、大会ウェブサイト(以下参照)にて受け付けております。

大会ウェブサイト:https://hic.lne.st/conference/kanto2018/
聴講申込:https://hic.lne.st/conference/kanto2018/#ticket


お問合せ

株式会社リバネス (担当 齊藤、鷲見)
TEL:03-5227-4198   E-mail:[email protected]


第7回超異分野学会本大会概要

大会テーマ 人とは何か、そして人を取り巻く研究へ
開催日時 3月2日(金) 09:30〜20:00(18:40〜20:00 懇親会)
3月3日(土) 09:00〜20:00(18:30〜20:00 懇親会)
主催 株式会社リバネス
開催場所 TEPIA先端技術館 3,4階
参加費 企業の方 5万円 / アカデミアの方、発表者 無料
大会URL https://hic.lne.st/conference/kanto2018/
大会プログラム
(予定、一部抜粋)
3月2日(金)

  • TECH PLANTER World Communication
  • 海外アクセラレーターによるパネルディスカッション
  • リアルテックベンチャーオブザイヤー2018表彰式
  • ビジョナリーパートナー表彰式
  • セッション「スマートアグリ導入で変わる農と食」
  • セッション「センシングで紐解くヒトの深層情報」
  • セッション「大廃業時代の町工場戦略」

3月3日(土)

  • キーノートスピーチ(東京大学先端科学技術研究センター 高橋 宏知 氏)
  • リバネス研究費アワード2018
  • シンポジウム「未知なる海から新たな価値を汲み上げる」
  • パネルディスカッション「知識社会における働き方改革とイノベーションを生み出す方法」
  • パネルディスカッション「ヒューマノーム研究、始まる」

超異分野学会とは

リバネスは創業した2002年より、リバネスのインターンシップに参加する学生や研究者が自分の研究に対する想いや、研究を通して解決したいと考えている課題について議論しあう『超異分野交流会』を毎年開催して参りました。2012年からは、産業界やアカデミアの研究者も参加し、より広い視点で議論を行なう『超異分野学会』へと発展して現在に至ります。

現在では、中学生・高校生から、アカデミアの研究者、技術者(町工場の技術者も含む)、ベンチャー企業の関係者、アクセラレーター、大企業の経営者・事業開発担当者まで、多様な分野・業種の人々が集まる会として毎年開催しております。